緑色から赤色のツートンカラーの外壁に。輝は、お客様の要望に応える外壁塗装、尼崎から大阪、関西へ

こんにちは、外壁塗装は安心してお任せください。輝(かがやき)です。

 

今回の塗装事例は、緑色の外壁を赤色の塗料に塗替えをした事例です。

赤色の外壁、珍しいですね。

外壁塗装で赤色

 

今回、ご依頼いただいたのは尼崎の家主様、こちらの戸建住宅は、緑色と白色の2色のツートンの住宅でした。

ご依頼は、緑色の部分だけを赤色に塗装してほしい、とのご依頼でした。

こちらの住宅はまだ築年数が短く、外壁の補修目的ではなく、色の変更のご依頼で緑色を赤色に変更する塗装依頼でした。

緑色の外壁

こちら上の写真が、塗装前の緑色と白色のツートンカラーのお宅です。

下の写真のように、玄関周りも一部ツートンカラーです。

 

下の写真は車庫、こちらの壁も緑色です。

 

 

緑色の部分を赤色に塗装する場合、

緑色の外壁の上にいきなり赤色を塗装しても、きれいな赤色に仕上がりません。

一度、下塗りとして白系の壁に戻します。

 

 

 

 

こちらは一階部分の大きな緑色の壁面です。

外壁の色(グリーン)

この壁も赤色の塗装を塗るために、一旦、白壁に戻すために、白色の塗料を下塗りします。

下の写真が、白色に塗装した壁です。

ここから赤色の塗装を塗っていきます。

 

 

白色に下塗りした壁を赤色の塗装に塗り重ねていきます。

 

赤色に仕上がった壁です。

 

こちらは1階部分の大きな壁面、白色に塗装した上から、赤色の塗料を塗装していきます。

 

こちらが赤色に仕上がった壁面です。

 

 

その他、玄関まわりの壁も家主様との打合せどおり、部分部分を赤色にしてツートンカラーに仕上げていきます。

外壁塗装で赤色

 

下の写真が、赤色に塗装して完成したところです。

赤い外壁

きれいな赤色の壁面に仕上げることができました。

外壁を赤く塗装

 

 

今回は、尼崎の戸建て住宅の塗装を緑色から赤色に変更する外壁塗装のご依頼でした。

緑色の外壁にしたいと思っている方や、赤色のツートンカラーにしたいとお考えの方に参考になる事例写真となったのではないでしょうか。

 

原色系の色を出すのは技術的に難しい面もあるのですが、今回、尼崎の家主様と打合せやサンプル確認を繰り返し、お客様の納得する色に仕上げることができました。

 

赤色の外壁や、ツートンカラーにしたい方は、是非、輝(かがやき)にご相談ください。

 

 

当社・輝は、一部分だけの塗装も承ります。

下請け会社を通さない直接塗装の「輝(かがやき)」に、お気軽にお見積りください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

屋根の断熱塗料の効果は?塗装前後で比較、温度測定した写真も。輝は尼崎をはじめ大阪、伊丹、西宮、神戸

お陰様で尼崎で20年、株式会社輝(かがやき)です。

地元・尼崎で屋根と外壁塗装のご依頼をいただきました。

当社は尼崎をはじめ、大阪、西宮、伊丹、神戸...関西一円で仕事をしています。

お気軽にお声をおかけください。

 

今回のお客様は当社のホームページをご覧になってお声をかけていただきました。

ほかの尼崎の塗装業者に何社か見積りを取られたようですが、当社をご選択いただき嬉しいです。

 

こちらのお客様、屋根の塗料は断熱塗料を選択されました。

屋根の色を選んでいただくため、塗料メーカーの屋根塗料のカラーサンプルをお渡ししたところ、断熱塗料に興味をもたれたようです。

こちらのお客様は3階建ての戸建て住宅ですが、屋根の下となる3階の室内温度が気になっていたということでした。

屋根の断熱塗装の工事事例としてご紹介します。

 

屋根の塗装工程

下の写真が、塗装前の屋根です。
戸建住宅ではポピュラーな軽量スレートの屋根です。

 

屋根中央の頂点部分、棟板金の部分は鉄部で、先にケレン施工をして錆び止め塗料を塗りました。
錆止め塗装前には屋根全体の高圧洗浄も行っています。

 

屋根の下塗りです。

下塗りは、最終的に塗る塗料の密着をよくする効果があります。

この下塗りを丁寧にしっかりすることで、断熱塗料の密着性が高まり、仕上りや耐久性がよくなります。

下塗りをしたあと、スレート屋根にタスペーサーの取付け作業(縁切り作業)を行います。

タスペーサーについて詳しくはこちらをご覧ください。
屋根塗装でタスペーサーを取り付ける

 

 

下塗りをした上に、断熱塗料を塗っていきます。

一度目の断熱塗装は中塗りです。

屋根塗料の中塗り

中塗りを終えたら、乾燥させて、さらにもう一度断熱塗料を塗ります。上塗りです。
下塗り、中塗り、上塗りを丁寧にすることで、仕上りが良く、耐久性、そして、断熱効果もしっかりでます。

 

 

こちらが上塗りの断熱塗装を完了した屋根です。屋根の断熱塗料(尼崎市)

中央の鉄部、棟板金は後ほど塗装します。

 

断熱塗料の効果は?

さて、屋根の断熱塗料はどれくらいの断熱効果があるのでしょうか。

塗装前と塗装後で、サーモグラフィで温度の違いを測定しました。

 

まず、温度の測定条件について、

塗装前と塗装後では測定日が異なるので、天候などの条件は全く一緒ではありません。

測定した日はいずれも6月です。

測定場所は尼崎市の同じ建物です。

 

ビフォー写真(塗装前)

まず、塗装前の温度の測定です。

断熱効果の測定

塗装前は48.7度と測定されました。

6月の太陽の陽射しを浴びている屋根は、かなり高温になっていますね。

 

 

同じく、塗装前の屋根の温度を数ヶ所で測定します。

断熱塗装の効果を測定

こちらは47.6度と測定されました。

 

 

アフター写真(断熱塗装後)

そして、こちらが断熱塗料を塗ったあとの屋根の温度です。

35.5度と測定されました。

 

 

さらに別の箇所で断熱塗料を塗った後の屋根の温度です。
断熱塗料を塗った屋根

断熱塗料の屋根の温度

36.6度と測定されました。

 

塗装した結果は次のようになりました。

[塗装前の温度]

48.7度

47.6度

[塗装後の温度]

35.5度

36.6度

 

測定した日や天候条件が同一ではないので、参考の比較ではありますが、断熱塗装を塗る前と、塗った後では、かなり温度差が出ました。

また、測定しているのは屋根の表面温度です。

表面温度が10度以上も下がる効果があっても、室内温度も同様に10度下がるということはないと思いますので、ご参考としてご理解ください。

 

ただ、断熱塗料に効果があることはよくわかり、お客様も想像以上の効果だったらしく驚いていらっしゃいました。

 

 

屋根用の断熱塗料の色について、

カラーバリエーションがあります。

今回、こちら尼崎の3階建てのお客様は水色を選択されました。

塗料メーカーのカタログによると、塗料の色によっても断熱・遮熱効果が異なり、やはり一番断熱や遮熱効果があるのは白色の塗料です。

一般的な屋根用の黒色の断熱塗料もあります。

屋根の断熱塗料(尼崎市)

今回は、外壁塗装の屋根塗装に断熱塗料を選択された尼崎のお客様をご紹介しました。

意外としっかり断熱効果があって検討の価値があるかと思います。

2階建てや3階建の最上階の温度が高いのが気になる方、断熱塗料もご検討ください。

 

料金について、断熱塗装はメーカー塗料の料金が若干高くなりますので、標準の塗料よりは少し高くなります。

いずれもお見積りにてご案内しますので、ご希望の方はお知らせください。

 

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

大阪市内の工場の外壁塗装事例、ツートンに仕上げました。工場修繕は輝に。

外壁塗装の輝(かがやき)です。
今回は、工場の外壁塗装の事例をご紹介します。

大阪市内の工場の外壁塗装を実施させていただいたビフォーアフター写真です。

 

その前に、少しアピールタイムです。

当社・輝は、住宅の外壁塗装・修繕もしていますが、それと並行して、長年、製造工場の外壁塗装、設備塗装、工場修繕も実施しています。

 

工場や事務棟など、棟がいくつもある大きな工場では、工場の外壁や屋根の塗装から、建屋の修繕、扉や外部設備の塗装など、一年を通じて、大きな工事から扉1枚ことまで、何かしら塗装や修繕が発生しています。

 

そんな大きな会社になると、どこの工事業者に依頼しても良いということにはなりません。

契約や登録した出入り業者しか仕事ができず、工事完了のチェックなども厳格に実施されます。

当社は、ある大手企業の工場からご信頼いただき、長年、出入り業者として、建物の外壁塗装、屋根塗装、建屋全体の修繕を担当しています。

 

もし、企業様で工場や事務棟の塗装や修繕をお考えの方は、お気軽にお見積りのご依頼ください。

扉一枚の塗装からも承っています。


さて今回は、大阪市内の工場の外壁塗装をさせていただいたときの写真です。

こちらは塗装前の写真で、外壁の上から下まで古く汚れているのがわかります。

古くなった工場の塗装

下が、塗装後の写真です。

工場の外壁塗装(大阪)

今回の工場塗装のポイントは、大阪市内の道路沿いに面した人や車の通りのある工場だったので、汚れが目に付きやすい下回りと、上部の色を変えてツートンにしました。

 

信号待ちでなどで、周囲の人からまず目に付くのは、目線の高さより下の部分です。

この下回りを濃い色の塗料で塗装して、汚れが目立たないようにしました。

外壁上部は、お客様のご要望を受けて明るめの色になりました。


工場の屋根や外壁の塗装は、長年の実績と信頼のある当社・輝まで、お問合せください。

大阪市内をはじめ、大阪府下の企業様、または兵庫県内の企業様もお気軽にお問合せください。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

外壁塗装の色選び、水色の外壁、黄色(クリーム色)の事例写真

尼崎市で外壁塗装をしている輝(かがやき)です。

尼崎市以外にも、伊丹、西宮、宝塚、芦屋、神戸でも外壁塗装をしております。

住宅の外壁塗装で悩むのが外壁の色です。

塗り替え前と同じ色の塗料を選択されるお客様もいらっしゃいますが、思い切って色を替えたいと考えられるお客様もいらっしゃいます。

 

下の写真は、当社が塗装をさせていただいた3階建ての住宅です。

塗り替え前は、写真のとおり水色の外壁でした。

水色の外壁の住宅

ブルー系の外壁は住宅全体の割合からすると少ない色だと思うので、ブルーや水色の塗料を検討されている方には参考になる写真かと思います。

水色の外壁はかわいい洋風な仕上がりになりますね。

 

 

こちらのお客様は、外壁の塗り替えで、新しい色は「黄色」を選択されました。

こちらが塗装後の写真です。

外壁塗装で黄色の住宅

黄色といってもクリーム色との中間のような塗料で、黄色の中でも落ち着いた色です。

こちらのようなクリーム色の系統の色は、建売住宅でもよく選ばれている色です。

建売住宅の場合はプロがデザインや色の選定をしているので、明るく華やかであり、住宅としても相性の良い色ですね。

白系の色では、「ややさびしい」「物足りない」という方には、クリーム色や黄色系は良いかと思います。

 


こちらのお客様の外壁塗装は、屋根塗装、防水のシーリングもして、約2週間の工期でした。


 

外壁塗装をされる際、色を決めるのは迷いますね。

当社では、大いに迷っていただきたいと思っています。それも外壁塗装の楽しみの1つです。

 

[色はいつまでに決めればよい?]

外壁の色を最終的に決めるのは、契約後です。

足場を組んで洗浄して、下塗りをして、色を決めるまでは十分に時間があるので、色サンプルや、大きめの板への試し塗りも可能ですので、楽しみながら色選びをしていただければと思います。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

外構の塗装事例、塀の下塗り、中塗りの写真、尼崎の輝塗装

尼崎の塗装業者の株式会社輝(かがやき)です。

外構の塗装事例をご紹介します。

外構とは、住宅建物の外回りの構造物を指し、外構工事となれば塀や柵、通路、車庫、カーポート、自転車置き場などの設置工事や、付帯する工事を指します。

 

当社は塗装会社ですので外構工事で多いのが塀の塗装です。外構の塗装事例

外壁塗装をご依頼いただくと、ブロック塀などがあるお宅では塀も一緒に塗装する場合がほとんどです。

塀は塗装しないという選択も可能ですが、せっかく外壁がきれいになるのですから、塀も合わせて塗装することをお奨めします。

また、外構工事だけをお考えのお客様でしたら、塀だけの単独の塗装も承ります。

 

<塀の塗装の事例>

まず、塀の塗装面を洗浄します。
塀の高圧洗浄
高圧洗浄で長年の積もった汚れを落とします。
汚れを落とさし切らないまま塗装をすると、塗料の付着が悪かったり、塗装後にすぐに塗料が剥がれることになります。

住宅建物と一緒に塀の塗装をする場合は、建物の外壁を洗浄する際に一緒に塀も洗浄します。

 

洗浄後は、濡れた塀を乾かします。
乾燥は意外と重要な工程です。乾燥しないままの塗装は、これも塗料の付着や耐久性に影響があります。
なので、輝ではしっかり乾燥させてから塗装を行います。

 

 

塀の塗装を開始します。まずは下塗りです。
ブロック塀の塗装

下塗りは、条件や状況に応じて白色や透明の下塗り材を塗布します。
この作業では透明の下塗り材を使用しています。

この下塗りをしっかりすることで、上塗りの塗料の付着がよくなり、仕上りも良くなるため、下塗りをしっかりすることが重要です。

当社・輝の塗装は、ローラーで丁寧に手塗りを行います。原則、吹付け塗装は行っていません。


下塗り作業の風景の写真です。
郵便受けの防水シーリングもしっかり事前にしています。
塀と郵便受けの接合部分は、シール材で防水処理がされていますが、年数が経つとシール材がひび割れして劣化します。
シール材で防水されているところは、シーリングのし直しをします。

塗装時は、郵便受けなどに塗料が付着しないように、しっかりと養生しています。

 

中塗り・上塗りの作業
下塗り材の塗装が終わると、中塗り、上塗りをしていきます。

外構の塗装事例

中塗り、上塗りは、同じ塗料を塗布していきます。

壁面に凹凸のある塀でしたが、ローラーで丁寧に塗布していきます。細かな箇所は刷毛(はけ)を使用して塗装します。

しっかり、中塗りをして、さらに上塗りをしていくことで、塗りムラがなくなり、綺麗な仕上がりになることと、塗装の耐久性が長持ちします。

 

 

仕上りの写真です。
コンクリート色で、汚れも付着していた塀が、ブラウンの綺麗な塀に生まれ変わりました。外構・門扉部分の塗装

こちらのお客様には住宅の外壁塗装もご依頼いただき、同時に進行しています。

 

今回は、住宅の外構塗装の事例をご紹介しました。

塀や外構の単独の塗装も承っています。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

雨樋の塗装も丁寧にします。輝の外壁塗装、尼崎市から関西一円へ

こんにちは、外壁塗装の輝(かがやき)です。当社は尼崎から関西一円で外壁塗装工事を承っています。

今回は、外壁塗装をするときの雨樋の塗装についてお話します。

外壁塗装業者を選ぶときの不安の1つに、しっかり丁寧に塗装してくれる業者かな?というご心配があるかと思います。

例えば、
外壁塗装を頼んだら、雨樋の塗装もしてくれるのか?
雨樋の塗装をすると言っても、丁寧に作業をしてくれるのか?

 

尼崎で雨樋の塗装

そんなご心配はございませんか。

外壁塗装を業者に依頼したとき、外壁や屋根といった大きな箇所は塗装してくれることが分かっていても、雨樋など付随する細かな箇所は、どこの部分まで塗装してもらえるか、曖昧なケースが一般によくあると思います。

お客様にとっては、とても不安なことだと思います。

塗装料金が他より安いと思って依頼したら、
「ここの塗装はしてくれなかった」
「料金に入っていなかった」
と後悔されないように、細部の塗装まで気をつけて業者選びや見積りを取ることをお奨めします。

 

私たちは、輝はしっかり細部まで丁寧に塗装するので、ご安心ください。

その理由は、
私たちは、ただ塗料を塗るだけではありません。当社にとって塗装は、家の資産価値を守るものだと考えています。
当社が塗装をさせていただくことにより、お客様の家の外観が良くなり、そして、家の耐久性が良くなり、家が長持ちすることを考えて塗装をしています。
そのために、必要な箇所は丁寧に塗装を行っています。

しかも、当社の塗装料金は激安ではありませんが、他店と比較すると安いとの評価を頂戴しています。当社の塗装料金について

 

当社は、雨樋だけではありません。雨樋以外にも、
・エアコンの化粧カバー
・壁付けの排水管
・ベランダやバルコニーの床
・軒天(ベランダの天井部分など)
・手すり
などなど、付随箇所も細部まで塗装いたします。
(一部、ステンレス部分や素材などによって、塗装不要または塗装不可の箇所はしないケースもございます。塗装希望の箇所は見積り時に打合せください。)

今回は、雨樋の塗装事例をご紹介します。

 

まず雨樋の塗装で行うことは、ケレン施工です。

こちらが雨樋のケレン施工をしている写真です。

 

ケレン施工は、塗装する部分に目の細かなヤスリを当てる工程です。
塗装部分に付いている汚れを落とす「洗浄」の目的と、塗装部に小さな細かな凹凸をつけて、塗料の付着を良くするためです。

ケレン施工をすることで、塗料が密着して塗りが良くなり、確実に丁寧に作業ができます。仕上がりも良くなり、且つ、塗料の剥がれを防ぎ、長持ちさせる効果があります。

 

このケレン施工を飛ばしたり、手を抜いてしまうと、塗料を塗ることができても、しっかり塗られていない(密着していない)ので、短い期間で塗料の剥がれが生じる可能性が高いです。

 

ケレン施工が終わると、塗料を重ね塗りしていきます。

尼崎で雨樋の塗装

当社では、基本は手塗りて丁寧に塗装をしています。
外壁など塗装部分が広い箇所は、ローラーで手塗り塗装しますが、ローラーが使えない雨樋の細部箇所は、刷毛(はけ)を使って丁寧に塗装します。

雨樋を刷毛で丁寧に塗装

この写真の事例では、雨樋のもとの色と同じ茶系の塗料で塗装させていただきました。

雨樋の色については、ご希望がございましたらご相談に応じます。
また、雨樋の劣化が激しく、雨樋の交換をご希望される場合も、対応いたしますので、ご相談ください。

 

今回は、雨樋の塗装事例について、ご紹介しました。
外壁塗装の中では、軽視されがちな部分ですが、当社では丁寧に塗装しています。お客様のご要望がございましたら、可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

軒天の色を変えてツートンカラー事例・料金、尼崎の輝塗装の場合

こんにちは、尼崎市の塗装屋、輝(かがやき)です。

今回は、外壁の色のついて。
何年かに一度の外壁塗装、私たち輝は家主様に色にもこだわって頂きたいと思っています。

外壁の色を単色ではなく、ツートンカラーにすることも可能です。

今回は、外壁と色と、軒天の色を変えてツートンカラーにした事例をご紹介します。

 

軒天とは、ここの部分です。
軒天井の下塗り軒天の手塗り作業
屋根の内側の天井部分です。

 

家主様が色を検討されるとき、外壁面や屋根を中心に「何色にするか」考えられると思いますが、軒天の色を変えるのも面白いです。

軒天は、天井部分なので家を地上から見上げた時に視界に多く映っている箇所です。

なので、軒天の色を外壁の色と変えて、ツートンカラーにすると、個性が出て特徴的な仕上がりになります。

 

軒天の色を変えた事例をご紹介します。

こちらのお宅は、もともと軒天の色は白でしたが、当社から色を変えることができることを提案して、薄い青の色を選ばれました。

[塗装前:ビフォー写真]
軒天の塗装前
こちらは塗装前の軒天です。白色でした。(ブルーの線が入っているのは塗装時に貼ったテープの色です。)

 

[塗装後:アフター写真]

上の写真は、ベランダ屋根の天井部分(軒天)

 

玄関の軒天の塗装例
こちらの写真は、入口玄関の天井部分(軒天)です。

 

軒天を薄い青色(水色)に塗装して、外壁の色と変えてツートンカラーにしました。

下から建物を見上げると、軒天部分が薄い青色となりツートンカラーの家に仕上がりました。
(玄関周りの壁面はデザインタイルが施されていて塗装をしていません)

 

今回は、当社からのご提案で軒天部分の色を変えることになりましたが、家主様も、せっかくお金を出して外壁塗装をするのだから、ちょっとでも個性を出したいと考えていたようで、仕上りに大変喜んでいただきました。

 

[ツートンカラーの料金について]
今回の軒天の色を変えたお客様は、ツートンカラーにしたことによる割増や追加料金は発生していません。

当初のお見積りをした塗装料金の範囲でツートンカラーにさせていただきました。

デザインが必要であったり、条件等によっては、割増の追加料金をご請求させていただく場合もありますが、その際は、事前に料金を明示して、お客様のご了承のもと塗装をさせていただきますので、ご安心ください。

 

尼崎をはじめ、関西にお住まいでツートンカラーの外壁塗装を検討されている方、是非、輝塗装にお見積りをご依頼ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外壁塗装で2色使い、色を変えるツートン事例、尼崎の輝塗装の場合

尼崎の輝塗装のホームページをご覧いただき有難うございます。

今回は、外壁塗装で2色の塗料を使ってツートンカラーにした事例の話です。

外壁塗装は何年かに1回する大きな出来事です。当社の塗装費用は比較的安いとご評価を頂戴しておりますが、それは他社と比較してのことで、外壁塗装自体は、家計にとって決して安い費用ではありません。

せっかくお金を出すのでしたら、家の資産のため、また、ご家族が納得する外壁塗装にしていただきたいと思っています。

 

外壁塗装で悩むことに1つに、「外壁の色を何にするか」ということがあります。

どこのご家庭でも家族会議などを開いて、「こんな色がいい」「あんな色がいい」と議論をされると思います。

 

その外壁の色ですが、単色で話をされている場合が多いと思うのですが、当社・輝では、2色使いも積極的にお奨めしています。

輝:「ここの部分だけ、色を変えることもできますよ」とお話すると、

お客様:「そんなことも出来るんですか?」と驚かれます。

何年かに1度の外壁塗装なので、是非、楽しんでもらいたいと思います。

 

2色のツートンにされた塗装事例をご紹介します。

まずは、塗装前の外壁の写真をご覧ください。
こちらの住宅の塗装前の色は、一般的な白色系の外壁でした。
【塗装前:ビフォー写真】
ビフォーアフター塗装前

 

そして、塗装後の完成した写真です。
一色ではなく、一部の色を変化させ、ツートンカラーに仕上がっています。
【塗装後:アフター写真】外壁塗装の輝の事例

外壁の大部分の色は、白色系から、濃いベージュ系の塗料にされましたが、上の写真のとおり、一角を緑色にしました。

その部分を横からみた写真です。
壁から立体に出ている部分だけを緑に色にして、ツートンカラーにしています。

 

さらに、2階のバルコニーの壁も立体的に突き出て張り出している外壁も同じく緑色に変えました。

外壁の一部だけを色を変える

 

一色でベタ塗りしている塗装前の写真と比較して、塗装後の写真のように、突き出た部分の色を変えることで、家の立体感が増して、家が大きく見えると思います。

同じ家の大きさでも、色を2色使ったり、ツートンカラーの工夫をすることで、家が大きく見えたり、家の印象を変えることができます。

 

せっかく、費用を出してする外壁塗装なので、家の第一印象がよくなり、長く住みたいと思う家にしていただければと思います。

 

最後に、ツートンカラーにすることでの費用面は、今回ご紹介した範囲であれば、1色の塗装でも2色塗装でも塗料の単価や、総費用は変わりません。
ただし、塗料の色ではなく、塗料の種類(別製品、別メーカー)を変えたり、条件によっては追加費用を頂戴することがありますが、その場合は必ず色をご相談いただく際にお知らせいたします。

今回は、塗料を2色使って、ツートンカラーにした事例をご紹介しました。

 

尼崎やその他関西で、2色使いの外壁塗装を検討されている方は、是非、お見積りをご依頼ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

自転車置き場の屋根塗装の事例、尼崎の輝

当社・輝(かがやき)は自社塗装をしています。営業会社や下請け業者を通さない専門会社なので、品質も価格もご安心してお任せください。

 

集合住宅の自転車置き場の屋根の塗装のご依頼をいただきました。

集合住宅なのでかなり大きくて広い自転車置き場でした。

今回は大きな自転車置き場でしたが、当社は、マンションから戸建てまで、大小の規模に関わらず塗装を承っているので、小規模や戸建ての自転車置き場の屋根の塗装もお任せください。

 

 

これが塗装前の自転車置き場の屋根です。

かなり色が落ちて、白くかすれてきている部分も目立ちます。

自転車置き場の屋根の塗装前

 

 

 

ケレン施工をしている作業風景です。

屋根のケレン施工

ケレン施工は細かなヤスリで表面を整える作業です。塗装面の汚れを落とし、また、ヤスリでこすることにより、塗装の付着を良くして、塗装が剥がれるのを防ぎます。

塗料を塗ってしまえば分からなくなる工程ですが、長持ちや耐久性のためには大切な工程です。

 

 

塗装の下準備と下塗りをしている作業風景です。

屋根の下塗り塗装

 

 

さらに塗装を重ねていきます。 自転車置き場の塗装後

 

 

そして、塗装の完成写真です。

自転車置き場の屋根

 

 

自転車の屋根の塗装がきれいに仕上がりました。

今回は集合住宅の自転車置き場でしたが、戸建てや小さな屋根の塗装も承ります。また、外壁塗装のお任せください。

 

お気軽にご依頼ください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

ポリカーボネート波板屋根の補修作業事例、大阪市平野区

トタン屋根の張替えと、雨どい配管パイプの補修、修繕

戸建て住宅の波板屋根の張替えと、雨どい配管パイプの補修をしてきました。

ご依頼いただいたのは大阪市平野区のお客様です。

大阪を中心に大きな台風が発生した影響で、屋根の補修、修繕のご依頼を多くいただいております。

 

こちらのお客様も駐車場スペースの屋根の波板が強風により破壊されてしまいました。(下の写真)

破損したポリカーボネート屋根

トタン屋根と呼んだりもしますが、ポリカーボネートの波板の屋根です。

この状態では、駐車スペースに雨水がこぼれてきてしまいます。

 

屋根の他にも目隠し塀として設置していた波板が落下してしまいました。
下の写真は、波板が外れてお隣の家が見えている状態です。

ポリカーボネートで目隠し塀

 

ポリカーボネートの波板以外にも、屋根瓦に設置していた雨どいの配管パイプの接続部分が破損してしまいパイプが外れてしまいました。

雨どいの配管パイプ

 

 

 

 

こちらの平野区のお客様は、波板屋根は新しく張替えをしましたが、
目隠しにしていた波板は落下しただけでまだ使える状態でしたので再設置を、
雨どい配管も補修のみで対応できそうでしたので、それぞれ作業をして参りました。

全てを新しくすると、資材費などの費用がかかるので、再利用できる物は、再利用で対応いたします。

 

まず、ポリカーボネートの波板は、破損した古い波板屋根を取り除き、新しいポリカーボネートの波板に張替えました。

張替したポリカーボネートの波板屋根

綺麗に設置して作業が完了しました。これで雨漏りの心配はありません。

 

 

目隠し塀のポリカーボネート波板は、再設置をしました。

向こうが丸見えの状態でしたが、これで安心です。

 

 

雨どい配管パイプは、瓦屋根の上に残っている現存のパイプをそのまま利用し、外れた部分を接続し、さらに外れないように接続部にカバーを付けて補修作業を行いました。

雨戸配管パイプの補修

パイプ自体に水漏れや破損は見られませんでしたので最低限の補修で完了しました。

 

 

大阪市平野区でのポリカーボネートの波板張替えと、雨どい配管パイプの補修作業の事例でした。

 

 

屋根修理や補修をご検討されている方は、是非、輝(かがやき)にお問合せください。

平野区以外でも、大阪府内、兵庫県内のお客様もお気軽にお声をおかけください。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

ブロック塀の塗装事例、ビフォーアフター写真、尼崎の輝の塗装実績

当社・輝(かがやき)は自社の職人が塗装しています。営業会社や下請け業者を通さない直接塗装なので品質とコストの両面で安心です。
尼崎を中心に関西で塗装業務を行っています。

[塗装実績のご紹介]

今回、ご紹介するのは当社が塗装したブロック塀の事例です。(ブロック以外でもどんな塀の種類でも塗装を承っています。)

塀のビフォーアフター

ブロック塀の塗装

戸建て住宅を囲む塀は、外壁塗装をする際に同時にご依頼いただく場合も多いですが、塀だけ単独の塗装をご依頼いただく場合もあります。

 

家を新しく建て直して、塀だけ古いままといった場合や、前回の外壁塗装で塀だけ塗装しなかったのでしてほしい、など、お気軽にご相談ください。

 

今回、塗装したブロック塀はこちらです。一般的なコンクリート塀です。
写真は、塗装前のビフォー写真です。経年により汚れが目立ってきています。

塀のビフォーアフター

 

上の写真の状態から、塗装面を洗浄して汚れをおとし、しっかり下塗りをして中塗り、上塗りと塗りを重ねていきます。

 

下の写真が、塗装後のアフター写真です。
今回はお客様のご希望で白色に仕上げました。

ブロック塀の塗装

塗料は、どんな色も使えるので、住宅の壁と同じ系統の色や、塀だけ少し色を変化させても面白いかもしれません。

何でもお気軽にご相談ください。

 


[塀の塗装:番外編] 塀の塗装はいつする?
建物の外壁の場合は、壁の内側に水が浸水しないため(防水コーキングのため)にも、10年前後で塗装をするのがお奨めです。

塀の場合は、どうでしょうか?
状態によりけりですが、塀の塗装は間隔をもう少しあけても良いかもしれません。ただし、次の外壁塗装のタイミングにとなると20年間あけてしまうことになります。

20年経つ前に、塀だけ塗装をする。
当社では、塀だけの塗装も承っているので、いつでもご依頼ください。まずはお見積りをお願いします。

外壁塗装のタイミングで塀も塗装する
外壁と塀の塗装のタイミングを同じにすると、仕上り感も統一されて良いと思います。家の外壁だけ、もしくは、塀だけ、どちらか一方だけがきれいだったり、古かったりするより、タイミングを合わせる方が外観は美しいです。


株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

鉄板、鉄製部品の塗装も承ります。鉄板を塗装した写真事例

鉄板の塗装のご依頼をいただきました

当社・輝(かがやき)は、営業会社や下請け会社を通さない自社塗装をしている専門業者です。

鉄板の塗装ビフォー写真

通常、住宅の外壁塗装を中心に活動していますが、塗装会社として塗装できないものはないと自負しています。

 

なんでも塗装します。なんでも塗装できます(たぶん…)。

 

これまでも色々なものの塗装をしてきました。
建物以外にも貯水槽や、ビニールテント、樹脂オブジェ、木製製品などなど

 

先日、鉄板の塗装のご依頼をいただきました。

何かの工作物の一部だそうです。詳しいことは企業秘密ですが、鉄板部品の塗装をご依頼いただきました。

これが塗装する前の鉄板です。
かなり大きな鉄板です。
鉄板の塗装ビフォー写真

鉄板を加工している工場内で塗装作業をしました。

塗料の色は黄色に仕上げてほしいとのことでした。

 

まず、下地をケレン施工して表面の汚れを除去し、塗料が付着しやすいように表面をヤスリで軽くこすります。

ケレン施工なしにいきなり塗装すると、汚れと一緒に塗装が剥がれたり、塗料の付着が悪くすぐに剥げてしますことがあります。

 

そして、下塗りです。上塗りの黄色の塗料がきれいに仕上げるように白色の塗料で下塗りをします。

これが下塗りをした状態です。

鉄板の下塗り

そして、下塗りの上に、中塗り、上塗りを重ねていきます。

 

これが鉄板の塗装が完了した状態です。

きれいに黄色に塗装することができました。お客様にも喜んでいただきましたが、これが何になるのかは企業秘密です(わかりません)。

 

当社・輝は、どんなものでも塗装いたします。できないものもあるかもしれませんが、鉄板でも何でもお気軽にお問合せください。

まずは現物を確認させていただいた上で見積りをいたします。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

宝塚市のドアとシャッターの塗装事例、ビフォーアフター写真

輝(かがやき)です。
当社は、営業会社や下請け業者を通さない自社塗装の専門会社です。

ドアの塗装をさせていただきました。

宝塚市の戸建て住宅のお客様より、門戸にあたるドアと、ガレージシャッターの塗装のご依頼をいただきました。

[塗装後の写真]
石の門構えに木製の入口ドアと、同じく木製のガレージシャッターがあるご家庭です。
ガレージシャッターの塗装

ドアもガレージシャッターも木製の扉で、もともと茶色の扉でしたが、今回も木製の質感を出すためにブラウン系の茶色塗料で塗装をしました。

 

こちらが、塗装前のドア扉とガレージシャッターの写真です。

経年と日焼けにより木の部分の色合いが薄くなり、また写真ではわかりにくいですが、汚れも目立ち始めていました。

 

まず、ドアとシャッターの表面の汚れを落とすために、洗浄工程にあたるケレン施工をします。
木製壁のケレン施工

ケレン施工は、ヤスリで塗装する表面をこすることにより、汚れを落とす効果と、表面下地を整えて塗装の付着を良くする効果があります。

この工程を省くと仕上がりや、塗装後の耐久性に影響があるので、しっかり丁寧に行います。

 

次に塗装に着手します。
しっかりと下塗りを行ったうえで、上塗りを重ねていきます。
木製ドアの塗装

細部まで丁寧に仕上げていきます。

 

 

これが塗装後のドア扉とシャッターの写真です。
ビフォーアフターの写真で比較すると、仕上り具合がよくわかります。薄くかすれていた木製表面が、塗装により重厚感がでています。

[塗装前:ビフォー写真]
ビフォー写真

 

[塗装後:アフター写真]
アフター写真

今回は宝塚市の戸建て住宅の木製扉と木製シャッターの塗装をさせていただきました。

 

輝では、ドア1枚からの塗装を承っております。
お気軽に見積りのお声をおかけください。

見積りは、必ず、現地訪問を行いドアやシャッターの状態を確認させていただいた上でお見積りをいたします。

 

見積りは無料です。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝は作業の記録証拠として「工事写真報告書」を提出します

輝は、外壁塗装・屋根塗装をご依頼いただいたお客様に、各塗装工程を飛ばすことなく、しっかり実施したことを証明し、報告できるように「工事写真報告書」を提出しています。

外壁塗装工事報告書

この工事写真報告書は、足場が組まれる前に建物の状態から、足場を組み、洗浄作業や塗装前の工程をはじめ、

塗装が完成してしまえば、その作業が実施されたか、どのように実施したか分からなくなってしまう作業工程も、しっかりと写真を撮影して記録として提出し、お客様に見ていただけるものです。

外壁塗装の工事写真報告書

工事写真報告書は、外壁塗装・屋根塗装をはじめ、付随する工事や作業を全て掲載しています。

 

お客様が不安を抱かないためにも、当社がしっかり丁寧に作業をしたことを自信をもって報告できるように、輝塗装では「工事写真報告書」を提出しています。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]