屋内の壁のひび割れ修繕工事の事例、工場トイレの壁を修繕しました。輝は尼崎より、大阪、神戸へ

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

今回は工場のトイレの修繕のご依頼をいただきました。

 

工場のトイレの壁にひび割れが発生した事例です。

壁のひび割れを修繕して、塗装を行います。

 

下の写真は、ひび割れ箇所を埋めた後の写真です。

クラック(ひび割れ)箇所をモルタル材を注入し、割れ目を埋めています。

ひび割れ箇所を隙間なく埋めて、壁を復元する作業をしました。

黒くなっているのは汚れではなく、穴埋め作業をして、壁を整えた後の状態です。

ひび割れの修繕が終わったところで、外観を整える塗装を行います。

まず、シーラーを塗装します。

シーラーは、壁と塗料をつなぐ接着材の役割りがあります。

このシーラーをすることで、この後の塗料の塗りがよくなり、仕上りもよく、塗装が長持ちします。

シーラーが終えると次にパターンです。

パターンはその名の通り模様です。

壁には色と模様あります。

同じ白い壁でも、凹凸の模様が異なると、雰囲気が変わります。

ひび割れ部分を埋めて、同色で塗装しても、壁の表面のパターン(模様)がそこだけ変わってしまうので、ひび割れ部分にも周囲の壁と同じパターンを付けます。

このパターンを付けることで、塗装後の仕上りが一層よくなります。

パターン作業が終わると、下地ができあがりです。

ここから、さらに塗装をして仕上げていきます。

まずは、全面を塗装して、乾燥させます。

そして、最後に上塗りとして最終の塗装をします。

上が工事完了後の写真です。

ひび割れ痕はもちろん、どこにひびが入っていたかもわからなくなりました。

これで、工場の方々が気持ちよく、トイレをご利用いただくことができます。

 

今回の修繕工事の工程は、

1.ひび割れ箇所の補修(穴埋め)

2.シーラー(壁と塗料の接着剤塗装)

3.パターン(壁の模様つけ)

ここまでが下地づくり、下塗り作業

4.中塗り

5.上塗り

以上です。

工場のトイレの壁の修繕と塗装の工事の事例でした。

今回は屋内のひび割れ事例ですが、外壁のひび割れも修繕を承ります。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

工場の外壁、修繕工事のご相談はお気軽にお問合せください。

カビで汚れた浴室の壁、塗装で綺麗にリフォーム、尼崎の輝のリフォーム事例。

こんにちは、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

当社は、建物の外壁塗装と内装リフォーム工事を尼崎を中心に大阪、阪神間で承っています。

今回は、古くなった浴室の塗装による内装リフォーム工事の事例をご紹介します。

古くなった浴室・風呂の塗装

写真のとおり、壁にはカビがかなり生えて黒くまだらになっています。

カビがはえた風呂を新しく塗装する

浴室のコンクリート壁全面がカビで変色しています。

下は浴室入口の上の壁です。

古くなった風呂のドアの塗装

お風呂は湿気とは切り離せない場所なのでカビが生えやすいですね。

こちらの古くなったお風呂の壁のリフォーム塗装を承りました。

当社は、どんなに古くなったお風呂でも、塗装できれいに蘇らせます。

 

[リフォームどうする?リフォーム方法の選択]
古くなった浴室のリフォームは、壁を取り壊して張り替える大掛かりな全面リフォームをする方法もありますが、今回の工事のように、現存の壁を活かして塗装によるリフォームでも綺麗にすることも可能です。

 

では、内装工事を始めます。

まず、お風呂の壁の表面についたカビを落します。風呂の壁のカビ取り
こちらの写真は、ケレン施工をしている様子です。
ケレン施工とは、塗装をする前工程で、塗装をする表面の汚れを落とす作業です。

汚れが付いたまま塗装をしても、塗料がきれいに付着しません。
ヤスリでお風呂の壁をこすりながら、カビ汚れを落します。

カビをこすり取る
カビ以外の壁表面に付着した汚れも一緒に落として塗装面をきれいにします。
(コンクリート内部に染み込んだ汚れは落ちません)

 

こちらは、お風呂の窓枠のケレン施工です。
窓枠のケレン施工
ケレン施工には汚れを落とす洗浄効果の他に、塗装表面に細かな傷をつける目的もあります。
鉄や樹脂などのツルツルした塗装面に小さな傷を付けることで、塗料の付着を良くする効果があります。
浴室の窓のサン塗装

 

こちらは、お風呂の入口の枠の木部のケレン施工をしている様子です。
ドアの枠の木部塗装
これらケレン施工は、塗装後には表れない前工程ですが、ケレン施工をしっかりすることで、塗料をしっかり塗布でき、塗料の付着がしっかりするため、仕上りと耐久性が良くなり、塗装が長持ちします。

前工程であるケレン施工をしっかりしないと、塗装後まもなく塗料が剥がれるといったこともあります。

 

ケレン施工や前工程をしっかりした後に、塗料を塗装していきます。

こちらはお風呂の天井を塗装している様子です。
下塗りをしている写真です。
風呂の天井塗装
下塗りをすることで、塗装面を整え、中塗り、上塗りの塗料がしっかり付着します。

下塗りもケレン施工と同様にしっかり下塗り作業をすることで、塗装の仕上りや耐久性がよくなります。

今回の下塗り塗料はコンクリート色に近い灰色の下塗り材を使用しています。

 

こちらは、下塗り、中塗りを終えて上塗り作業をしている様子です。
お風呂の塗装なので、防水性の高い塗料を採用しています。

風呂の壁塗装

 

窓枠周辺も丁寧に塗装します。

窓枠や窓には白い塗料が付着しないようにしっかり養生しています。

 

下の写真は枠部分の塗装をしいている様子です。

細かな塗装箇所は、ローラーではなく刷毛(はけ)を使用して、細部まで塗装します。(上下写真:刷毛塗装の様子)

 

下の写真は、塗装完了後の写真です。
カビだらけだった浴室の壁がきれいな白色の壁に蘇りました。

お風呂の入口ドアは新しく取付けました。
新しいドア用に木製枠を取付けましたが、木製枠は壁と同一色に塗装しています。

浴室の壁の塗装後
お風呂内の側面の壁もきれいに仕上がっています。

 

塗装前と塗装後を比較すると、次のようになります。
[塗装前の浴室壁:ビフォー写真]

[塗装後の浴室壁:アフター写真]

 

こちらも浴室内の窓周辺のビフォーアフターの写真です。

[塗装前の窓周辺:ビフォー写真]
古くなった浴室・風呂の塗装

[塗装後の窓周辺:アフター写真]

 

今回は、内装工事の事例として、古くカビで汚れた浴室の塗装事例をご紹介しました。

お風呂をリフォームしたい、汚れたお風呂をきれいにしたいという方、是非、当社・輝にお任せください。

 

お見積りは無料です。

お見積りは現地にて現状を確認させていただいた上で料金をご提示いたします。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

工場の床塗装の事例写真。下塗りから上塗り丁寧な輝が塗装します。尼崎から大阪、神戸へ。

尼崎で塗装工事をしている株式会社輝(かがやき)です。

当社は、戸建・マンション・店舗・工場など、建物の外装・内装リフォームをしている会社ですが、意外に多いのが工場の外壁塗装や修繕工事のお仕事です。

尼崎は工業の町として知られているうように、尼崎

市内には大小さまざまな工場が多くあります。

当社も、大企業の工場から小規模の工場まで、様々な工事をさせていただいておりいます。

 

今回は、工場の床塗装の事例をご紹介します。

工場一角のコンクリート床のスペースを作業場にするため床塗装のご依頼をいただきました。

 

こちらが作業前の工場のコンクリート床です。

工場のコンクリート床(塗装前)

コンクリート床の塗装 コンクリートがむき出しの状態です。

ここから、よくある緑色の工場床に塗装していきます。

 

[塗装前の処理]

今回は、きれいなコンクリート床なので、下処理や補修の工事がありませんでした。

塗り替えなどの場合は、古い塗装を剥がすなどの下処理を行います。

また、床がひび割れている場合は、クラック箇所を埋める補修などを行います。

下処理やひび割れ(クラック)の補修を行わないと、床用の塗装を仕上げた後に凸凹ができたり、ひび割れが進行して症状が悪化してしまいます。
(今回は下処理、クラック補修はありませんでした)

 

 

次に、下塗りを行います。

下塗りは、上塗り塗料がしっかりと密着して塗れるように、上塗り塗料が長持ちする耐久性のために必要な工程です。プライマーとも呼ばれます。

工場床の下塗り塗装

[下塗り、プライマー塗装の役割]

コンクリート床の塗装では、コンクリートに直接に上塗り塗料を塗っても、コンクリートが塗料を吸収してしまい、色が上手く付かない場合があるので、下塗りとなるプライマー塗装を丁寧に行うことも重要です。

下塗り剤の塗装工程をしっかり行うことで、見た目や耐久性に影響します。

下塗り剤をしっかり塗布することで、上塗りの緑色塗料がしっかりと塗装できます。

下塗りが完了した写真です。

床塗装の下塗りが完成

 

 

次に、緑色の床塗料を塗装していきます。

床に緑色の塗料を塗る写真

 

下塗り、中塗りと塗装をしていきます。

一度塗装した箇所に、さらに重ねて塗装することで、仕上りや耐久性が良くなります。

工場床の中塗り作業

 

最後に、仕上げの上塗りをして完成です。

工場床の上塗り作業

 

 

工場の床の塗装は、濃い緑色の床用塗料が一般的ですが、やや薄い緑色の床用塗料もあります。

薄緑の床用塗料

工場の床用塗料の色は、緑系以外もありますので、お好みや工場用途に応じてご選択、ご相談ください。

 

工場の床は、塗装をしっかり行うことで工場作業の安全性や効率・生産性に影響すると言われています。

床がきれいだと掃除もしやすく、衛生面にも良く、働く方々も気持ちよく仕事ができます。

また、工場にお客様が入られることがある会社にとっては、床がきれいであることは、お客様や取引先のもつ印象も格段と上がるので、取引きにもプラスとなります。

 

 

今回は、工場の床塗装の事例をご紹介しました。

当社・輝は、尼崎をはじめ、大阪、神戸等での工場の塗装・修繕実績が多くありますので、安心してお任せください。

床塗装のほかにも、外壁、修繕なども承ります。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

工場の塗装・修繕のご相談もお気軽にお問合せください。

桟(さん)・窓枠の塗装事例、住宅の内装・外装工事は尼崎の輝まで

尼崎で内装・外装の工事をしている株式会社輝(かがやき)です。

今回は戸建て住宅の窓の桟(さん)、窓枠の塗装事例のご紹介です。

 

桟(さん)とは聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。

桟とは骨組みやフレームのことで、昔からの住宅用語で窓枠の部分を桟(サン)と呼んでいました。

なので、桟も窓枠も同じ意味だと思っていただいて良いと思います。

 

さて、今回は戸建て住宅の窓枠部分の塗装のご依頼をいただきました。

今回のご依頼はたまたま新築のお宅で窓枠以外にも内装の仕事をさせていただきましたが、当社は新築でも、既に居住されている家でも内装・外装の仕事を承っています。

既に居住されている方でも桟の塗装、窓枠の塗装をしたいと思っていらっしゃる方も多いと思うのでご紹介します。

 

こちらが塗装前の桟の状態です。室内から外にでられる大きなガラス戸の窓枠です。
塗装前の木材のままなので、木枠はまだ茶色です。
桟の塗装(大きなガラス戸)

 

こちら窓枠の塗装後の写真です。白色に塗装しました。
桟の塗装後

 

桟は扉と壁の隙間の部分となる場所なので、ガラス戸の開け閉めで枠に負荷がかかったり、ほこりやごみが溜まりやすかったり、結露による湿気を多く含んだりと、桟は普通の部分より痛みが早い箇所です。

結露による湿気で桟にカビが生えてしまっているお宅も多いのではないでしょうか。

 

こちらは小窓の桟です。塗装前です。
窓枠の塗装

 

塗装後です。こちらも桟を白く塗装しました。
新築の戸建てなので、壁がむき出しになっています。このあとクロスを貼ります。
窓枠の塗装後

 

こちらも同じく小窓の桟の塗装前です。
小窓の桟の塗装前

 

塗装後の桟の写真です。
窓の桟、塗装後

 

以上、桟の塗装の事例を紹介しました。

今回は、桟以外にも梁(はり)などの塗装もさせていただきました。

新築でも、お住まい中でも、住宅の内装・外装の塗装を承ります。

 

 

当社は、兵庫県尼崎市にある内装・外装工事会社、輝(かがやき)です。

尼崎にお住いの方はもちろん、大阪・阪神間にお住いの方で、外壁塗装や内装の塗装などをお考えの方はお気軽にお声をおかけください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

保育園・幼稚園の内装、外壁塗装、棚や扉も1枚から。輝は尼崎の内装・外装業者です。

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

今回は保育園の内装、収納扉の塗装の事例紹介です。

 

当社・輝は、尼崎を中心に大阪・阪神間で塗装の仕事を承っています。

マンションや戸建ての外壁や屋根塗装から、ドア1枚だけの塗装も承っています。

尼崎などで塗装をお考えのお客様は、是非、お声をおかけください。

 

今回、塗装のご依頼をいただいたのは保育園の室内にある収納棚の塗装です。
扉の表面が剥がれてしまった扉です。

こちらは保育園の室内の観音開きの収納棚の扉。
棚の修理、塗装

こちらは、引き戸の収納棚の扉です。
保育園の内装 収納棚の塗装

 

剥がれかけているピンクの化粧シートをきれいに取り除きます。

 

化粧シートが残っている部分と、剥がれている部分で凹凸があるので、平面にするためパテを塗りますが、パテがしっかり密着するようにケレン施工をします。

ケレン施工とは、塗布面に細かな傷をつけて塗料の密着を良くするための大切な作業です。ケレン施工をしっかりすることで、塗料の塗りが良くなり、きれいに仕上げることができ、塗装面も長持ちします。

 

 

化粧シートが剥がれた凹んだ部分にパテを塗り、塗装面を平らにします。

パテを塗り終えて塗装表面が平らになった状態です。パテを乾かします。

 

 

パテが乾いて固まったところで、パテの塗装面をケレン施工を行います。
ケレン施工をしっかりすることで、綺麗に仕上がります。

ケレン施工が終わった塗装前の収納扉です。

 

 

塗装をはじめます。今回は元のカラーと同じピンクの塗料です。
全面を塗装していきます。

 

下塗りをしたうえで上塗りをして、しっかりと仕上げます。

 

 

塗りなおした収納棚の扉を設置しました。
観音扉です。

塗り直した引き戸です。

 

今回は、保育園の室内の収納棚の扉の塗装事例を紹介しました。

尼崎や阪神間の保育園または幼稚園の皆様より、外壁塗装や内装の塗装のご依頼をお待ちしています。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

保育園・幼稚園のリフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

塗装でオフィスの会議室の壁を全面ホワイトボードにします。大阪の塗装事例。

こんにちは、株式会社輝です。

今回は、オフィスや店舗の内装工事の事例です。

大阪のオフィス事務所から内装工事のご依頼をいただきました。

内装の仕事は、会議などが出来るブースの工事です。

会議や商談などができるミーティングブースの壁をホワイトボード仕様に仕上げます。

塗装前のブースの写真です。

このブース壁を塗装していきます。

室内ブースの壁塗装

パネル壁の下地を整え、塗装を行います。

パネル壁の塗装までの工程は、一般のオフィス壁の塗装と同じです。

ブースは2つあり、それぞれ壁の色を変えて塗装しました。

オフィス内の壁塗装(白色)

 

ここから、オフィスの壁をホワイトボードに仕様に仕上げていきます。

壁をホワイトボードにするための塗料がこちらです。

オフィス壁をホワイトボードする塗料

clear dry erase paint(ホワイトボード塗料)
(idea paint:clear dry erase paint)

この塗料を壁に塗装することで、ホワイトボード仕様になります。

オフィス以外でも、ご家庭などの壁の塗装も承りますので、ご依頼ください。

 

ホワイトボード塗料を塗装していきます。

壁をホワイトボードにする塗装

 

こちらが塗装後のホワイトボード仕様になった壁です。
ホワイトボードになった壁

会議室の壁がホワイトボード

ブースや会議室の壁を全面ホワイトボードにできるので、会議や商談などの内容を気軽に共有できるようになり、情報が見える化されることで、話の誤解もなく、進行がスムーズです。

 

今回は大阪のオフィス事務所で、壁を全面ホワイトボードにする塗装をご紹介しました。

大阪でオフィスや事務所、店舗など、壁をホワイトボードにしたい方は、是非、ご依頼ください。

一般のご家庭からのご依頼も歓迎です。当社はドア1枚の塗装も承っています。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。