ブロック塀の塗装事例、焦げ茶色からオレンジ(黄土色)に塗装しました。尼崎の輝。

ブロック塀の塗装事例をご紹介します。

 

まず塗装前のブロック塀です。
塗装前の写真
元のブロック塀の色は焦げ茶色です。

 

そして、こちらが塗装後のブロック塀の写真です。
塗装後の写真
明るいオレンジ色(黄土色系)になりました。

 

改めまして、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。
尼崎市をはじめ、大阪府、阪神地域を中心に建物塗装や改装の仕事をしています。

今回、住宅のブロック塀の塗装をご依頼をいただきました。
住宅塗装のご依頼をいただく際は、塀の塗装も合わせて行っておりますが、当社は、扉や塀など、一部のみの塗装も承っています。

 

今回のブロック塀塗装の写真のご紹介をします。

塗装前の写真です。
ブロック塀(尼崎)

塗装前にブロック塀の洗浄をして、下のコンクリート部分は塗装しないことになっていたので、塗料が付かないようにビニールシートで養生しています。

 

ご希望の塗料で塗装をします。
今回の塗料はオレンジ色に近い、鮮やかな黄土色です。
ブロック塀の塗装(尼崎)

 

一度、下塗りをして、さらに重ねて上塗りをしていきます。

上塗り、重ね塗りをすることで、見た目もよく、耐久性もよくなります。

 

こちらが完了後のアフター写真です。
きれいに仕上がりました。

ブロック塀の塗装例(尼崎)

以上、ブロック塀の塗装事例でした。

塀の塗装をご検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお見積りをご依頼ください。

当社は見積りは無料です。

扉一枚からの塗装も承っています。

お電話いただければ現地確認のうえお見積りをいたします。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

外構の塗装事例、塀の下塗り、中塗りの写真、尼崎の輝塗装

尼崎の塗装業者の株式会社輝(かがやき)です。

外構の塗装事例をご紹介します。

外構とは、住宅建物の外回りの構造物を指し、外構工事となれば塀や柵、通路、車庫、カーポート、自転車置き場などの設置工事や、付帯する工事を指します。

 

当社は塗装会社ですので外構工事で多いのが塀の塗装です。外構の塗装事例

外壁塗装をご依頼いただくと、ブロック塀などがあるお宅では塀も一緒に塗装する場合がほとんどです。

塀は塗装しないという選択も可能ですが、せっかく外壁がきれいになるのですから、塀も合わせて塗装することをお奨めします。

また、外構工事だけをお考えのお客様でしたら、塀だけの単独の塗装も承ります。

 

<塀の塗装の事例>

まず、塀の塗装面を洗浄します。
塀の高圧洗浄
高圧洗浄で長年の積もった汚れを落とします。
汚れを落とさし切らないまま塗装をすると、塗料の付着が悪かったり、塗装後にすぐに塗料が剥がれることになります。

住宅建物と一緒に塀の塗装をする場合は、建物の外壁を洗浄する際に一緒に塀も洗浄します。

 

洗浄後は、濡れた塀を乾かします。
乾燥は意外と重要な工程です。乾燥しないままの塗装は、これも塗料の付着や耐久性に影響があります。
なので、輝ではしっかり乾燥させてから塗装を行います。

 

 

塀の塗装を開始します。まずは下塗りです。
ブロック塀の塗装

下塗りは、条件や状況に応じて白色や透明の下塗り材を塗布します。
この作業では透明の下塗り材を使用しています。

この下塗りをしっかりすることで、上塗りの塗料の付着がよくなり、仕上りも良くなるため、下塗りをしっかりすることが重要です。

当社・輝の塗装は、ローラーで丁寧に手塗りを行います。原則、吹付け塗装は行っていません。


下塗り作業の風景の写真です。
郵便受けの防水シーリングもしっかり事前にしています。
塀と郵便受けの接合部分は、シール材で防水処理がされていますが、年数が経つとシール材がひび割れして劣化します。
シール材で防水されているところは、シーリングのし直しをします。

塗装時は、郵便受けなどに塗料が付着しないように、しっかりと養生しています。

 

中塗り・上塗りの作業
下塗り材の塗装が終わると、中塗り、上塗りをしていきます。

外構の塗装事例

中塗り、上塗りは、同じ塗料を塗布していきます。

壁面に凹凸のある塀でしたが、ローラーで丁寧に塗布していきます。細かな箇所は刷毛(はけ)を使用して塗装します。

しっかり、中塗りをして、さらに上塗りをしていくことで、塗りムラがなくなり、綺麗な仕上がりになることと、塗装の耐久性が長持ちします。

 

 

仕上りの写真です。
コンクリート色で、汚れも付着していた塀が、ブラウンの綺麗な塀に生まれ変わりました。外構・門扉部分の塗装

こちらのお客様には住宅の外壁塗装もご依頼いただき、同時に進行しています。

 

今回は、住宅の外構塗装の事例をご紹介しました。

塀や外構の単独の塗装も承っています。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

ブロック塀の塗装事例、ビフォーアフター写真、尼崎の輝の塗装実績

当社・輝(かがやき)は自社の職人が塗装しています。営業会社や下請け業者を通さない直接塗装なので品質とコストの両面で安心です。
尼崎を中心に関西で塗装業務を行っています。

[塗装実績のご紹介]

今回、ご紹介するのは当社が塗装したブロック塀の事例です。(ブロック以外でもどんな塀の種類でも塗装を承っています。)

塀のビフォーアフター

ブロック塀の塗装

戸建て住宅を囲む塀は、外壁塗装をする際に同時にご依頼いただく場合も多いですが、塀だけ単独の塗装をご依頼いただく場合もあります。

 

家を新しく建て直して、塀だけ古いままといった場合や、前回の外壁塗装で塀だけ塗装しなかったのでしてほしい、など、お気軽にご相談ください。

 

今回、塗装したブロック塀はこちらです。一般的なコンクリート塀です。
写真は、塗装前のビフォー写真です。経年により汚れが目立ってきています。

塀のビフォーアフター

 

上の写真の状態から、塗装面を洗浄して汚れをおとし、しっかり下塗りをして中塗り、上塗りと塗りを重ねていきます。

 

下の写真が、塗装後のアフター写真です。
今回はお客様のご希望で白色に仕上げました。

ブロック塀の塗装

塗料は、どんな色も使えるので、住宅の壁と同じ系統の色や、塀だけ少し色を変化させても面白いかもしれません。

何でもお気軽にご相談ください。

 


[塀の塗装:番外編] 塀の塗装はいつする?
建物の外壁の場合は、壁の内側に水が浸水しないため(防水コーキングのため)にも、10年前後で塗装をするのがお奨めです。

塀の場合は、どうでしょうか?
状態によりけりですが、塀の塗装は間隔をもう少しあけても良いかもしれません。ただし、次の外壁塗装のタイミングにとなると20年間あけてしまうことになります。

20年経つ前に、塀だけ塗装をする。
当社では、塀だけの塗装も承っているので、いつでもご依頼ください。まずはお見積りをお願いします。

外壁塗装のタイミングで塀も塗装する
外壁と塀の塗装のタイミングを同じにすると、仕上り感も統一されて良いと思います。家の外壁だけ、もしくは、塀だけ、どちらか一方だけがきれいだったり、古かったりするより、タイミングを合わせる方が外観は美しいです。


株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]