緑色から赤色のツートンカラーの外壁に。輝は、お客様の要望に応える外壁塗装、尼崎から大阪、関西へ

こんにちは、外壁塗装は安心してお任せください。輝(かがやき)です。

 

今回の塗装事例は、緑色の外壁を赤色の塗料に塗替えをした事例です。

赤色の外壁、珍しいですね。

外壁塗装で赤色

 

今回、ご依頼いただいたのは尼崎の家主様、こちらの戸建住宅は、緑色と白色の2色のツートンの住宅でした。

ご依頼は、緑色の部分だけを赤色に塗装してほしい、とのご依頼でした。

こちらの住宅はまだ築年数が短く、外壁の補修目的ではなく、色の変更のご依頼で緑色を赤色に変更する塗装依頼でした。

緑色の外壁

こちら上の写真が、塗装前の緑色と白色のツートンカラーのお宅です。

下の写真のように、玄関周りも一部ツートンカラーです。

 

下の写真は車庫、こちらの壁も緑色です。

 

 

緑色の部分を赤色に塗装する場合、

緑色の外壁の上にいきなり赤色を塗装しても、きれいな赤色に仕上がりません。

一度、下塗りとして白系の壁に戻します。

 

 

 

 

こちらは一階部分の大きな緑色の壁面です。

外壁の色(グリーン)

この壁も赤色の塗装を塗るために、一旦、白壁に戻すために、白色の塗料を下塗りします。

下の写真が、白色に塗装した壁です。

ここから赤色の塗装を塗っていきます。

 

 

白色に下塗りした壁を赤色の塗装に塗り重ねていきます。

 

赤色に仕上がった壁です。

 

こちらは1階部分の大きな壁面、白色に塗装した上から、赤色の塗料を塗装していきます。

 

こちらが赤色に仕上がった壁面です。

 

 

その他、玄関まわりの壁も家主様との打合せどおり、部分部分を赤色にしてツートンカラーに仕上げていきます。

外壁塗装で赤色

 

下の写真が、赤色に塗装して完成したところです。

赤い外壁

きれいな赤色の壁面に仕上げることができました。

外壁を赤く塗装

 

 

今回は、尼崎の戸建て住宅の塗装を緑色から赤色に変更する外壁塗装のご依頼でした。

緑色の外壁にしたいと思っている方や、赤色のツートンカラーにしたいとお考えの方に参考になる事例写真となったのではないでしょうか。

 

原色系の色を出すのは技術的に難しい面もあるのですが、今回、尼崎の家主様と打合せやサンプル確認を繰り返し、お客様の納得する色に仕上げることができました。

 

赤色の外壁や、ツートンカラーにしたい方は、是非、輝(かがやき)にご相談ください。

 

 

当社・輝は、一部分だけの塗装も承ります。

下請け会社を通さない直接塗装の「輝(かがやき)」に、お気軽にお見積りください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

屋根の断熱塗料の効果は?塗装前後で比較、温度測定した写真も。輝は尼崎をはじめ大阪、伊丹、西宮、神戸

お陰様で尼崎で20年、株式会社輝(かがやき)です。

地元・尼崎で屋根と外壁塗装のご依頼をいただきました。

当社は尼崎をはじめ、大阪、西宮、伊丹、神戸...関西一円で仕事をしています。

お気軽にお声をおかけください。

 

今回のお客様は当社のホームページをご覧になってお声をかけていただきました。

ほかの尼崎の塗装業者に何社か見積りを取られたようですが、当社をご選択いただき嬉しいです。

 

こちらのお客様、屋根の塗料は断熱塗料を選択されました。

屋根の色を選んでいただくため、塗料メーカーの屋根塗料のカラーサンプルをお渡ししたところ、断熱塗料に興味をもたれたようです。

こちらのお客様は3階建ての戸建て住宅ですが、屋根の下となる3階の室内温度が気になっていたということでした。

屋根の断熱塗装の工事事例としてご紹介します。

 

屋根の塗装工程

下の写真が、塗装前の屋根です。
戸建住宅ではポピュラーな軽量スレートの屋根です。

 

屋根中央の頂点部分、棟板金の部分は鉄部で、先にケレン施工をして錆び止め塗料を塗りました。
錆止め塗装前には屋根全体の高圧洗浄も行っています。

 

屋根の下塗りです。

下塗りは、最終的に塗る塗料の密着をよくする効果があります。

この下塗りを丁寧にしっかりすることで、断熱塗料の密着性が高まり、仕上りや耐久性がよくなります。

下塗りをしたあと、スレート屋根にタスペーサーの取付け作業(縁切り作業)を行います。

タスペーサーについて詳しくはこちらをご覧ください。
屋根塗装でタスペーサーを取り付ける

 

 

下塗りをした上に、断熱塗料を塗っていきます。

一度目の断熱塗装は中塗りです。

屋根塗料の中塗り

中塗りを終えたら、乾燥させて、さらにもう一度断熱塗料を塗ります。上塗りです。
下塗り、中塗り、上塗りを丁寧にすることで、仕上りが良く、耐久性、そして、断熱効果もしっかりでます。

 

 

こちらが上塗りの断熱塗装を完了した屋根です。屋根の断熱塗料(尼崎市)

中央の鉄部、棟板金は後ほど塗装します。

 

断熱塗料の効果は?

さて、屋根の断熱塗料はどれくらいの断熱効果があるのでしょうか。

塗装前と塗装後で、サーモグラフィで温度の違いを測定しました。

 

まず、温度の測定条件について、

塗装前と塗装後では測定日が異なるので、天候などの条件は全く一緒ではありません。

測定した日はいずれも6月です。

測定場所は尼崎市の同じ建物です。

 

ビフォー写真(塗装前)

まず、塗装前の温度の測定です。

断熱効果の測定

塗装前は48.7度と測定されました。

6月の太陽の陽射しを浴びている屋根は、かなり高温になっていますね。

 

 

同じく、塗装前の屋根の温度を数ヶ所で測定します。

断熱塗装の効果を測定

こちらは47.6度と測定されました。

 

 

アフター写真(断熱塗装後)

そして、こちらが断熱塗料を塗ったあとの屋根の温度です。

35.5度と測定されました。

 

 

さらに別の箇所で断熱塗料を塗った後の屋根の温度です。
断熱塗料を塗った屋根

断熱塗料の屋根の温度

36.6度と測定されました。

 

塗装した結果は次のようになりました。

[塗装前の温度]

48.7度

47.6度

[塗装後の温度]

35.5度

36.6度

 

測定した日や天候条件が同一ではないので、参考の比較ではありますが、断熱塗装を塗る前と、塗った後では、かなり温度差が出ました。

また、測定しているのは屋根の表面温度です。

表面温度が10度以上も下がる効果があっても、室内温度も同様に10度下がるということはないと思いますので、ご参考としてご理解ください。

 

ただ、断熱塗料に効果があることはよくわかり、お客様も想像以上の効果だったらしく驚いていらっしゃいました。

 

 

屋根用の断熱塗料の色について、

カラーバリエーションがあります。

今回、こちら尼崎の3階建てのお客様は水色を選択されました。

塗料メーカーのカタログによると、塗料の色によっても断熱・遮熱効果が異なり、やはり一番断熱や遮熱効果があるのは白色の塗料です。

一般的な屋根用の黒色の断熱塗料もあります。

屋根の断熱塗料(尼崎市)

今回は、外壁塗装の屋根塗装に断熱塗料を選択された尼崎のお客様をご紹介しました。

意外としっかり断熱効果があって検討の価値があるかと思います。

2階建てや3階建の最上階の温度が高いのが気になる方、断熱塗料もご検討ください。

 

料金について、断熱塗装はメーカー塗料の料金が若干高くなりますので、標準の塗料よりは少し高くなります。

いずれもお見積りにてご案内しますので、ご希望の方はお知らせください。

 

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

ブロック塀の塗装事例、焦げ茶色からオレンジ(黄土色)に塗装しました。尼崎の輝。

ブロック塀の塗装事例をご紹介します。

 

まず塗装前のブロック塀です。
塗装前の写真
元のブロック塀の色は焦げ茶色です。

 

そして、こちらが塗装後のブロック塀の写真です。
塗装後の写真
明るいオレンジ色(黄土色系)になりました。

 

改めまして、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。
尼崎市をはじめ、大阪府、阪神地域を中心に建物塗装や改装の仕事をしています。

今回、住宅のブロック塀の塗装をご依頼をいただきました。
住宅塗装のご依頼をいただく際は、塀の塗装も合わせて行っておりますが、当社は、扉や塀など、一部のみの塗装も承っています。

 

今回のブロック塀塗装の写真のご紹介をします。

塗装前の写真です。
ブロック塀(尼崎)

塗装前にブロック塀の洗浄をして、下のコンクリート部分は塗装しないことになっていたので、塗料が付かないようにビニールシートで養生しています。

 

ご希望の塗料で塗装をします。
今回の塗料はオレンジ色に近い、鮮やかな黄土色です。
ブロック塀の塗装(尼崎)

 

一度、下塗りをして、さらに重ねて上塗りをしていきます。

上塗り、重ね塗りをすることで、見た目もよく、耐久性もよくなります。

 

こちらが完了後のアフター写真です。
きれいに仕上がりました。

ブロック塀の塗装例(尼崎)

以上、ブロック塀の塗装事例でした。

塀の塗装をご検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお見積りをご依頼ください。

当社は見積りは無料です。

扉一枚からの塗装も承っています。

お電話いただければ現地確認のうえお見積りをいたします。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

桟(さん)・窓枠の塗装事例、住宅の内装・外装工事は尼崎の輝まで

尼崎で内装・外装の工事をしている株式会社輝(かがやき)です。

今回は戸建て住宅の窓の桟(さん)、窓枠の塗装事例のご紹介です。

 

桟(さん)とは聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。

桟とは骨組みやフレームのことで、昔からの住宅用語で窓枠の部分を桟(サン)と呼んでいました。

なので、桟も窓枠も同じ意味だと思っていただいて良いと思います。

 

さて、今回は戸建て住宅の窓枠部分の塗装のご依頼をいただきました。

今回のご依頼はたまたま新築のお宅で窓枠以外にも内装の仕事をさせていただきましたが、当社は新築でも、既に居住されている家でも内装・外装の仕事を承っています。

既に居住されている方でも桟の塗装、窓枠の塗装をしたいと思っていらっしゃる方も多いと思うのでご紹介します。

 

こちらが塗装前の桟の状態です。室内から外にでられる大きなガラス戸の窓枠です。
塗装前の木材のままなので、木枠はまだ茶色です。
桟の塗装(大きなガラス戸)

 

こちら窓枠の塗装後の写真です。白色に塗装しました。
桟の塗装後

 

桟は扉と壁の隙間の部分となる場所なので、ガラス戸の開け閉めで枠に負荷がかかったり、ほこりやごみが溜まりやすかったり、結露による湿気を多く含んだりと、桟は普通の部分より痛みが早い箇所です。

結露による湿気で桟にカビが生えてしまっているお宅も多いのではないでしょうか。

 

こちらは小窓の桟です。塗装前です。
窓枠の塗装

 

塗装後です。こちらも桟を白く塗装しました。
新築の戸建てなので、壁がむき出しになっています。このあとクロスを貼ります。
窓枠の塗装後

 

こちらも同じく小窓の桟の塗装前です。
小窓の桟の塗装前

 

塗装後の桟の写真です。
窓の桟、塗装後

 

以上、桟の塗装の事例を紹介しました。

今回は、桟以外にも梁(はり)などの塗装もさせていただきました。

新築でも、お住まい中でも、住宅の内装・外装の塗装を承ります。

 

 

当社は、兵庫県尼崎市にある内装・外装工事会社、輝(かがやき)です。

尼崎にお住いの方はもちろん、大阪・阪神間にお住いの方で、外壁塗装や内装の塗装などをお考えの方はお気軽にお声をおかけください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

外壁塗装の色選び、水色の外壁、黄色(クリーム色)の事例写真

尼崎市で外壁塗装をしている輝(かがやき)です。

尼崎市以外にも、伊丹、西宮、宝塚、芦屋、神戸でも外壁塗装をしております。

住宅の外壁塗装で悩むのが外壁の色です。

塗り替え前と同じ色の塗料を選択されるお客様もいらっしゃいますが、思い切って色を替えたいと考えられるお客様もいらっしゃいます。

 

下の写真は、当社が塗装をさせていただいた3階建ての住宅です。

塗り替え前は、写真のとおり水色の外壁でした。

水色の外壁の住宅

ブルー系の外壁は住宅全体の割合からすると少ない色だと思うので、ブルーや水色の塗料を検討されている方には参考になる写真かと思います。

水色の外壁はかわいい洋風な仕上がりになりますね。

 

 

こちらのお客様は、外壁の塗り替えで、新しい色は「黄色」を選択されました。

こちらが塗装後の写真です。

外壁塗装で黄色の住宅

黄色といってもクリーム色との中間のような塗料で、黄色の中でも落ち着いた色です。

こちらのようなクリーム色の系統の色は、建売住宅でもよく選ばれている色です。

建売住宅の場合はプロがデザインや色の選定をしているので、明るく華やかであり、住宅としても相性の良い色ですね。

白系の色では、「ややさびしい」「物足りない」という方には、クリーム色や黄色系は良いかと思います。

 


こちらのお客様の外壁塗装は、屋根塗装、防水のシーリングもして、約2週間の工期でした。


 

外壁塗装をされる際、色を決めるのは迷いますね。

当社では、大いに迷っていただきたいと思っています。それも外壁塗装の楽しみの1つです。

 

[色はいつまでに決めればよい?]

外壁の色を最終的に決めるのは、契約後です。

足場を組んで洗浄して、下塗りをして、色を決めるまでは十分に時間があるので、色サンプルや、大きめの板への試し塗りも可能ですので、楽しみながら色選びをしていただければと思います。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

玄関ドアの内側の塗装事例、集合住宅編。輝は尼崎の塗装会社です。

住宅塗装の輝です。

今回は、集合住宅の建物内装の事例紹介です。
(ビフォーアフターの写真付きです)

 

尼崎市内にも沢山のマンションが建設され、尼崎市の人口が増えているそうです。現在市内の人口は45万人です。

近年では「住みやすい街ランキング」の1位に選ばれた実績も。

 

さて、新しいマンションの建設も多いですが、尼崎市の人口のピークは昭和45年で当時の人口はなんと55万人だったそうです。

市内には人口ピークの時代に建設された集合住宅も多いですね。

 

今回、塗装させていただいたのは、集合住宅の玄関ドアです。

鉄製のドアの内側が、錆びや汚れが目立ち、リフォームされるということで輝にご連絡いただきました。

こちらが、塗装前の玄関ドア・内側の写真です。

室内の塗装例

よくある集合住宅の鉄製の玄関ドアです。

ご覧のとおり塗装が剥げていたり、錆びや汚れが目立ちます。

今回、こちらのお宅は内装リフォームをされるということで、玄関ドアもきれいに塗装をし直したいということでご依頼いただきました。

 

 

塗装させていただいたのが、こちらの写真です。

ドアの塗装

ビフォーアフターで比較していただければ一目両全です。

きれいな白の玄関ドアに蘇りました。

玄関は毎日通る場所なので、塗装が剥げて汚れていては気分もよくないいですね。

特に玄関の内側ドアは、朝、家を出ていくときに目に入る場所です。きれいなドアから一日を始めたいものです。

 

今回のドアの塗装は、錆止めを含めて半日の作業でした。

鉄製のドアの内側の塗装でしたが、内側でも外側でも、片側・両側かかわらず承ります。

また、鉄製以外にも、木製やその他の材質のドアでも塗装いたします。

木製ドア・木製シャッターの塗装事例(宝塚市)

 

マンション・集合住宅でも、戸建て、工場など、建物の種類も問いません。

お気軽にお見積りをご依頼ください。納得の料金で実施させていただきます。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

マンション集合住宅の修繕、外壁塗装の輝(かがやき)、尼崎の事例

株式会社輝(かがやき)のマンションの外壁塗装の事例です。

株式会社輝では、尼崎を中心に戸建て住宅、集合住宅の外壁塗装を行っています。(尼崎市以外でも大阪、神戸間で工事実績多数ございます)

 

マンションは戸建て住宅と比較すると、建物が大きく外壁面積も広いため、壁の傷みや汚れが目立ちやすいのが特徴です。

定期的に修繕を含めた外壁補修、外壁塗装を行うことが重要です。

マンション外壁塗装(尼崎の輝)

上の写真は、
・4階建てマンション
・32戸
・間取り3LDK
の集合住宅の外壁塗装・修繕の写真です。

 

外壁塗装工事では、
・屋上屋根の防水塗装
・外壁塗装
・各戸のドア塗装
・ベランダの防水塗装
・共用部分の塗装
・配管の塗装
など、マンション全体の塗装と修繕をさせていただきました。

 

[修繕専門会社に依頼するか、工事会社に依頼するか]
マンションの外壁塗装はマンション修繕の専門会社に依頼する場合もありますが、修繕専門会社に依頼されても、修繕会社は営業や管理が専門であり、塗装工事や補修工事を実際にするのは、当社のような塗装会社です。

 

[修繕工事費用を抑える]
当社・輝は、塗装をはじめとした壁や屋上の修繕の専門会社ですので、工事の品質はもちろん、修繕会社を通さないため、修繕工事の費用も抑えられるメリットがあります。

そのため、マンション修繕の事情や費用に詳しい、不動産管理会社様や、マンションのオーナー家主様より、ご依頼をいただくことが多くあります。

 

ご依頼をいただけましたら、マンションのオーナー家主様と直接にコミュニケーションをとりながら、ご希望に合わせたマンション修繕を行います。

当社は、外装だけではなく、内装工事もしておりますので、多岐にわたる修繕ニーズにお応えできます。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外構の塗装事例、塀の下塗り、中塗りの写真、尼崎の輝塗装

尼崎の塗装業者の株式会社輝(かがやき)です。

外構の塗装事例をご紹介します。

外構とは、住宅建物の外回りの構造物を指し、外構工事となれば塀や柵、通路、車庫、カーポート、自転車置き場などの設置工事や、付帯する工事を指します。

 

当社は塗装会社ですので外構工事で多いのが塀の塗装です。外構の塗装事例

外壁塗装をご依頼いただくと、ブロック塀などがあるお宅では塀も一緒に塗装する場合がほとんどです。

塀は塗装しないという選択も可能ですが、せっかく外壁がきれいになるのですから、塀も合わせて塗装することをお奨めします。

また、外構工事だけをお考えのお客様でしたら、塀だけの単独の塗装も承ります。

 

<塀の塗装の事例>

まず、塀の塗装面を洗浄します。
塀の高圧洗浄
高圧洗浄で長年の積もった汚れを落とします。
汚れを落とさし切らないまま塗装をすると、塗料の付着が悪かったり、塗装後にすぐに塗料が剥がれることになります。

住宅建物と一緒に塀の塗装をする場合は、建物の外壁を洗浄する際に一緒に塀も洗浄します。

 

洗浄後は、濡れた塀を乾かします。
乾燥は意外と重要な工程です。乾燥しないままの塗装は、これも塗料の付着や耐久性に影響があります。
なので、輝ではしっかり乾燥させてから塗装を行います。

 

 

塀の塗装を開始します。まずは下塗りです。
ブロック塀の塗装

下塗りは、条件や状況に応じて白色や透明の下塗り材を塗布します。
この作業では透明の下塗り材を使用しています。

この下塗りをしっかりすることで、上塗りの塗料の付着がよくなり、仕上りも良くなるため、下塗りをしっかりすることが重要です。

当社・輝の塗装は、ローラーで丁寧に手塗りを行います。原則、吹付け塗装は行っていません。


下塗り作業の風景の写真です。
郵便受けの防水シーリングもしっかり事前にしています。
塀と郵便受けの接合部分は、シール材で防水処理がされていますが、年数が経つとシール材がひび割れして劣化します。
シール材で防水されているところは、シーリングのし直しをします。

塗装時は、郵便受けなどに塗料が付着しないように、しっかりと養生しています。

 

中塗り・上塗りの作業
下塗り材の塗装が終わると、中塗り、上塗りをしていきます。

外構の塗装事例

中塗り、上塗りは、同じ塗料を塗布していきます。

壁面に凹凸のある塀でしたが、ローラーで丁寧に塗布していきます。細かな箇所は刷毛(はけ)を使用して塗装します。

しっかり、中塗りをして、さらに上塗りをしていくことで、塗りムラがなくなり、綺麗な仕上がりになることと、塗装の耐久性が長持ちします。

 

 

仕上りの写真です。
コンクリート色で、汚れも付着していた塀が、ブラウンの綺麗な塀に生まれ変わりました。外構・門扉部分の塗装

こちらのお客様には住宅の外壁塗装もご依頼いただき、同時に進行しています。

 

今回は、住宅の外構塗装の事例をご紹介しました。

塀や外構の単独の塗装も承っています。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

雨樋の塗装も丁寧にします。輝の外壁塗装、尼崎市から関西一円へ

こんにちは、外壁塗装の輝(かがやき)です。当社は尼崎から関西一円で外壁塗装工事を承っています。

今回は、外壁塗装をするときの雨樋の塗装についてお話します。

外壁塗装業者を選ぶときの不安の1つに、しっかり丁寧に塗装してくれる業者かな?というご心配があるかと思います。

例えば、
外壁塗装を頼んだら、雨樋の塗装もしてくれるのか?
雨樋の塗装をすると言っても、丁寧に作業をしてくれるのか?

 

尼崎で雨樋の塗装

そんなご心配はございませんか。

外壁塗装を業者に依頼したとき、外壁や屋根といった大きな箇所は塗装してくれることが分かっていても、雨樋など付随する細かな箇所は、どこの部分まで塗装してもらえるか、曖昧なケースが一般によくあると思います。

お客様にとっては、とても不安なことだと思います。

塗装料金が他より安いと思って依頼したら、
「ここの塗装はしてくれなかった」
「料金に入っていなかった」
と後悔されないように、細部の塗装まで気をつけて業者選びや見積りを取ることをお奨めします。

 

私たちは、輝はしっかり細部まで丁寧に塗装するので、ご安心ください。

その理由は、
私たちは、ただ塗料を塗るだけではありません。当社にとって塗装は、家の資産価値を守るものだと考えています。
当社が塗装をさせていただくことにより、お客様の家の外観が良くなり、そして、家の耐久性が良くなり、家が長持ちすることを考えて塗装をしています。
そのために、必要な箇所は丁寧に塗装を行っています。

しかも、当社の塗装料金は激安ではありませんが、他店と比較すると安いとの評価を頂戴しています。当社の塗装料金について

 

当社は、雨樋だけではありません。雨樋以外にも、
・エアコンの化粧カバー
・壁付けの排水管
・ベランダやバルコニーの床
・軒天(ベランダの天井部分など)
・手すり
などなど、付随箇所も細部まで塗装いたします。
(一部、ステンレス部分や素材などによって、塗装不要または塗装不可の箇所はしないケースもございます。塗装希望の箇所は見積り時に打合せください。)

今回は、雨樋の塗装事例をご紹介します。

 

まず雨樋の塗装で行うことは、ケレン施工です。

こちらが雨樋のケレン施工をしている写真です。

 

ケレン施工は、塗装する部分に目の細かなヤスリを当てる工程です。
塗装部分に付いている汚れを落とす「洗浄」の目的と、塗装部に小さな細かな凹凸をつけて、塗料の付着を良くするためです。

ケレン施工をすることで、塗料が密着して塗りが良くなり、確実に丁寧に作業ができます。仕上がりも良くなり、且つ、塗料の剥がれを防ぎ、長持ちさせる効果があります。

 

このケレン施工を飛ばしたり、手を抜いてしまうと、塗料を塗ることができても、しっかり塗られていない(密着していない)ので、短い期間で塗料の剥がれが生じる可能性が高いです。

 

ケレン施工が終わると、塗料を重ね塗りしていきます。

尼崎で雨樋の塗装

当社では、基本は手塗りて丁寧に塗装をしています。
外壁など塗装部分が広い箇所は、ローラーで手塗り塗装しますが、ローラーが使えない雨樋の細部箇所は、刷毛(はけ)を使って丁寧に塗装します。

雨樋を刷毛で丁寧に塗装

この写真の事例では、雨樋のもとの色と同じ茶系の塗料で塗装させていただきました。

雨樋の色については、ご希望がございましたらご相談に応じます。
また、雨樋の劣化が激しく、雨樋の交換をご希望される場合も、対応いたしますので、ご相談ください。

 

今回は、雨樋の塗装事例について、ご紹介しました。
外壁塗装の中では、軽視されがちな部分ですが、当社では丁寧に塗装しています。お客様のご要望がございましたら、可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

軒天の色を変えてツートンカラー事例・料金、尼崎の輝塗装の場合

こんにちは、尼崎市の塗装屋、輝(かがやき)です。

今回は、外壁の色のついて。
何年かに一度の外壁塗装、私たち輝は家主様に色にもこだわって頂きたいと思っています。

外壁の色を単色ではなく、ツートンカラーにすることも可能です。

今回は、外壁と色と、軒天の色を変えてツートンカラーにした事例をご紹介します。

 

軒天とは、ここの部分です。
軒天井の下塗り軒天の手塗り作業
屋根の内側の天井部分です。

 

家主様が色を検討されるとき、外壁面や屋根を中心に「何色にするか」考えられると思いますが、軒天の色を変えるのも面白いです。

軒天は、天井部分なので家を地上から見上げた時に視界に多く映っている箇所です。

なので、軒天の色を外壁の色と変えて、ツートンカラーにすると、個性が出て特徴的な仕上がりになります。

 

軒天の色を変えた事例をご紹介します。

こちらのお宅は、もともと軒天の色は白でしたが、当社から色を変えることができることを提案して、薄い青の色を選ばれました。

[塗装前:ビフォー写真]
軒天の塗装前
こちらは塗装前の軒天です。白色でした。(ブルーの線が入っているのは塗装時に貼ったテープの色です。)

 

[塗装後:アフター写真]

上の写真は、ベランダ屋根の天井部分(軒天)

 

玄関の軒天の塗装例
こちらの写真は、入口玄関の天井部分(軒天)です。

 

軒天を薄い青色(水色)に塗装して、外壁の色と変えてツートンカラーにしました。

下から建物を見上げると、軒天部分が薄い青色となりツートンカラーの家に仕上がりました。
(玄関周りの壁面はデザインタイルが施されていて塗装をしていません)

 

今回は、当社からのご提案で軒天部分の色を変えることになりましたが、家主様も、せっかくお金を出して外壁塗装をするのだから、ちょっとでも個性を出したいと考えていたようで、仕上りに大変喜んでいただきました。

 

[ツートンカラーの料金について]
今回の軒天の色を変えたお客様は、ツートンカラーにしたことによる割増や追加料金は発生していません。

当初のお見積りをした塗装料金の範囲でツートンカラーにさせていただきました。

デザインが必要であったり、条件等によっては、割増の追加料金をご請求させていただく場合もありますが、その際は、事前に料金を明示して、お客様のご了承のもと塗装をさせていただきますので、ご安心ください。

 

尼崎をはじめ、関西にお住まいでツートンカラーの外壁塗装を検討されている方、是非、輝塗装にお見積りをご依頼ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外壁塗装で2色使い、色を変えるツートン事例、尼崎の輝塗装の場合

尼崎の輝塗装のホームページをご覧いただき有難うございます。

今回は、外壁塗装で2色の塗料を使ってツートンカラーにした事例の話です。

外壁塗装は何年かに1回する大きな出来事です。当社の塗装費用は比較的安いとご評価を頂戴しておりますが、それは他社と比較してのことで、外壁塗装自体は、家計にとって決して安い費用ではありません。

せっかくお金を出すのでしたら、家の資産のため、また、ご家族が納得する外壁塗装にしていただきたいと思っています。

 

外壁塗装で悩むことに1つに、「外壁の色を何にするか」ということがあります。

どこのご家庭でも家族会議などを開いて、「こんな色がいい」「あんな色がいい」と議論をされると思います。

 

その外壁の色ですが、単色で話をされている場合が多いと思うのですが、当社・輝では、2色使いも積極的にお奨めしています。

輝:「ここの部分だけ、色を変えることもできますよ」とお話すると、

お客様:「そんなことも出来るんですか?」と驚かれます。

何年かに1度の外壁塗装なので、是非、楽しんでもらいたいと思います。

 

2色のツートンにされた塗装事例をご紹介します。

まずは、塗装前の外壁の写真をご覧ください。
こちらの住宅の塗装前の色は、一般的な白色系の外壁でした。
【塗装前:ビフォー写真】
ビフォーアフター塗装前

 

そして、塗装後の完成した写真です。
一色ではなく、一部の色を変化させ、ツートンカラーに仕上がっています。
【塗装後:アフター写真】外壁塗装の輝の事例

外壁の大部分の色は、白色系から、濃いベージュ系の塗料にされましたが、上の写真のとおり、一角を緑色にしました。

その部分を横からみた写真です。
壁から立体に出ている部分だけを緑に色にして、ツートンカラーにしています。

 

さらに、2階のバルコニーの壁も立体的に突き出て張り出している外壁も同じく緑色に変えました。

外壁の一部だけを色を変える

 

一色でベタ塗りしている塗装前の写真と比較して、塗装後の写真のように、突き出た部分の色を変えることで、家の立体感が増して、家が大きく見えると思います。

同じ家の大きさでも、色を2色使ったり、ツートンカラーの工夫をすることで、家が大きく見えたり、家の印象を変えることができます。

 

せっかく、費用を出してする外壁塗装なので、家の第一印象がよくなり、長く住みたいと思う家にしていただければと思います。

 

最後に、ツートンカラーにすることでの費用面は、今回ご紹介した範囲であれば、1色の塗装でも2色塗装でも塗料の単価や、総費用は変わりません。
ただし、塗料の色ではなく、塗料の種類(別製品、別メーカー)を変えたり、条件によっては追加費用を頂戴することがありますが、その場合は必ず色をご相談いただく際にお知らせいたします。

今回は、塗料を2色使って、ツートンカラーにした事例をご紹介しました。

 

尼崎やその他関西で、2色使いの外壁塗装を検討されている方は、是非、お見積りをご依頼ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

屋根塗装のビフォーアフター写真、尼崎の輝塗装

尼崎の輝(かがやき)です。

屋根塗装のご依頼をいただいたので、ビフォーアフターの写真をご紹介します。

屋根塗装の事例(尼崎の輝)

 

当社・輝では、外壁塗装をされるタイミングで屋根塗装をすることをお奨めしていますが(理由は後で書きます)、屋根塗装だけのご依頼も承っています。

 

今回、ご依頼いただいたのは戸建て住宅のお客様です。
こちらが塗装をする前、ビフォー写真です。
屋根の塗装前写真
茶色の屋根ですが、隙間は黒く汚れてきて、表面がかすれて白くなっている部分もあります。

このままの状態で放っておくと、劣化が進行してひび割れなどが生じるので、塗装をして耐久性を強くする良いタイミングでした。

 

もし、ひびや割れが発生すると、そこから雨漏りが発生することはもちろん、さらに悪化すると屋根材が損傷して屋根の張替え工事などが必要になります。

 

 

今回は、お客様のご希望で茶色の屋根を黒く塗装させていただきました。
ビフォーアフター写真で比較してください。

[ビフォー写真]

屋根塗装の作業は、次の流れで作業します。

・高圧洗浄
・棟押えのケレン施工(鉄部のケレン施工について
・下塗り
・タスペーサーの取付け(縁切り作業について
・中塗り
・上塗り(仕上げ)
・点検

こちらが、仕上がった完成の写真です。

[アフター写真]

黒くきれいに仕上がりました。

 

[途中の作業工程が大事]
当社・輝では、塗装の仕上りや見た目も大事ですが、外観では見えない途中の工程が大事だと考えています。

屋根塗装では、洗浄でしっかり汚れを落とし、棟押えなどの鉄部はケレン施工をしっかりすることが必要です。

鉄部のケレン施工について

また、屋根塗装では、縁切り作業とも呼ばれるタスペーサーを取り付けます。この作業も見た目とは関係ありませんが、屋根の長持ち耐久性に関して重要な作業です。

縁切り作業(タスペーサー取付け作業)について

 

[外壁と一緒に屋根も塗装しましょう]
当社では、外壁だけ、屋根だけの単独の塗装も承っていますが、外壁塗装のタイミングで屋根塗装をされることをお奨めしていて、外壁塗装の標準工事に屋根塗装の作業も含めています。

屋根は、一年を通して太陽の熱にさらされ、雨風も一番受けている箇所です。
新築で建てた戸建ての屋根は、材質としては20年ぐらいの耐久性は十分にあると思います。

そのため、塗装業者の中には「屋根は、まだ塗らなくても大丈夫ですよ」と言って外壁だけの見積りをして作業をすすめるところもあります。

しかし、劣化や損傷が悪くなってから塗装するより、定期的なメンテナンスをしている方が、屋根は20年、30年と状態が良いまま長持ちします。

そこで外壁塗装のタイミングに屋根も塗装することをお奨めします。

外壁と一緒に塗装すると、コスト的なメリットもあります。

屋根を塗装するには作業用の足場を組みます。屋根工事だけのために足場を組むより、外壁塗装のときに組んだ足場を使って屋根塗装をしておくと、別々に塗装をするよりコスト的なメリットがあります。

また、外壁のタイミングで屋根も塗装しておくことで、屋根のメンテナンスが行き届き、劣化や雨漏りを防げて屋根だけの単独工事をしなければならないリスクも抑えることができます。

 

今回は、当社・輝の屋根塗装の事例をご紹介しました。

当社は、営業会社や下請け業者を通さない自社塗装をしているので、品質も価格も自信があります。

尼崎をはじめ、大阪・阪神地域で屋根または外壁の塗装をお考えの方は、まず、当社へお見積りの依頼をしてみてください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

ブロック塀の塗装事例、ビフォーアフター写真、尼崎の輝の塗装実績

当社・輝(かがやき)は自社の職人が塗装しています。営業会社や下請け業者を通さない直接塗装なので品質とコストの両面で安心です。
尼崎を中心に関西で塗装業務を行っています。

[塗装実績のご紹介]

今回、ご紹介するのは当社が塗装したブロック塀の事例です。(ブロック以外でもどんな塀の種類でも塗装を承っています。)

塀のビフォーアフター

ブロック塀の塗装

戸建て住宅を囲む塀は、外壁塗装をする際に同時にご依頼いただく場合も多いですが、塀だけ単独の塗装をご依頼いただく場合もあります。

 

家を新しく建て直して、塀だけ古いままといった場合や、前回の外壁塗装で塀だけ塗装しなかったのでしてほしい、など、お気軽にご相談ください。

 

今回、塗装したブロック塀はこちらです。一般的なコンクリート塀です。
写真は、塗装前のビフォー写真です。経年により汚れが目立ってきています。

塀のビフォーアフター

 

上の写真の状態から、塗装面を洗浄して汚れをおとし、しっかり下塗りをして中塗り、上塗りと塗りを重ねていきます。

 

下の写真が、塗装後のアフター写真です。
今回はお客様のご希望で白色に仕上げました。

ブロック塀の塗装

塗料は、どんな色も使えるので、住宅の壁と同じ系統の色や、塀だけ少し色を変化させても面白いかもしれません。

何でもお気軽にご相談ください。

 


[塀の塗装:番外編] 塀の塗装はいつする?
建物の外壁の場合は、壁の内側に水が浸水しないため(防水コーキングのため)にも、10年前後で塗装をするのがお奨めです。

塀の場合は、どうでしょうか?
状態によりけりですが、塀の塗装は間隔をもう少しあけても良いかもしれません。ただし、次の外壁塗装のタイミングにとなると20年間あけてしまうことになります。

20年経つ前に、塀だけ塗装をする。
当社では、塀だけの塗装も承っているので、いつでもご依頼ください。まずはお見積りをお願いします。

外壁塗装のタイミングで塀も塗装する
外壁と塀の塗装のタイミングを同じにすると、仕上り感も統一されて良いと思います。家の外壁だけ、もしくは、塀だけ、どちらか一方だけがきれいだったり、古かったりするより、タイミングを合わせる方が外観は美しいです。


株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

宝塚市のドアとシャッターの塗装事例、ビフォーアフター写真

輝(かがやき)です。
当社は、営業会社や下請け業者を通さない自社塗装の専門会社です。

ドアの塗装をさせていただきました。

宝塚市の戸建て住宅のお客様より、門戸にあたるドアと、ガレージシャッターの塗装のご依頼をいただきました。

[塗装後の写真]
石の門構えに木製の入口ドアと、同じく木製のガレージシャッターがあるご家庭です。
ガレージシャッターの塗装

ドアもガレージシャッターも木製の扉で、もともと茶色の扉でしたが、今回も木製の質感を出すためにブラウン系の茶色塗料で塗装をしました。

 

こちらが、塗装前のドア扉とガレージシャッターの写真です。

経年と日焼けにより木の部分の色合いが薄くなり、また写真ではわかりにくいですが、汚れも目立ち始めていました。

 

まず、ドアとシャッターの表面の汚れを落とすために、洗浄工程にあたるケレン施工をします。
木製壁のケレン施工

ケレン施工は、ヤスリで塗装する表面をこすることにより、汚れを落とす効果と、表面下地を整えて塗装の付着を良くする効果があります。

この工程を省くと仕上がりや、塗装後の耐久性に影響があるので、しっかり丁寧に行います。

 

次に塗装に着手します。
しっかりと下塗りを行ったうえで、上塗りを重ねていきます。
木製ドアの塗装

細部まで丁寧に仕上げていきます。

 

 

これが塗装後のドア扉とシャッターの写真です。
ビフォーアフターの写真で比較すると、仕上り具合がよくわかります。薄くかすれていた木製表面が、塗装により重厚感がでています。

[塗装前:ビフォー写真]
ビフォー写真

 

[塗装後:アフター写真]
アフター写真

今回は宝塚市の戸建て住宅の木製扉と木製シャッターの塗装をさせていただきました。

 

輝では、ドア1枚からの塗装を承っております。
お気軽に見積りのお声をおかけください。

見積りは、必ず、現地訪問を行いドアやシャッターの状態を確認させていただいた上でお見積りをいたします。

 

見積りは無料です。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝は外壁塗装で配管もしっかり塗装します

外壁塗装のときに外壁に設置されている配管の塗装はどうするか?

当社・輝はしっかり塗装します!

ケレン施工から下塗りとしっかり工程を重ねて丁寧に塗装します。

配管塗装の料金は標準の塗装料金に含まれているのでご安心ください。

 

通常の配管塗装について、写真を交えてご紹介します。

下の写真は、配管のケレン施工をしている風景です。
まずヤスリを使って古い塗装を落としてきれいにします。古い塗料の上から塗装したり、古い塗装を落としても、配管にそのまま塗料を塗布しても剥がれやすいので、ヤスリでケレン施工をします。

配管のケレン施工ケレン施工とは、配管に小さな細かな傷をつけて塗料の密着をよくする工程です。ケレン施工をすることで塗装がきれいに長持ちします。

 

下の写真は、配管を留めている金属の留め具の錆び止めを塗っています。

 

下の写真は、少しわかりにくいですが、白い塗料で下塗りをした上に、中塗りをしている作業風景です。
配管の塗装

配管の色は、お客様のご要望がない限り、基本的に壁の同系色の塗料で塗装します。

せっかく外壁塗装をしても、配管だけ塗装していなかったり、配管の塗料がすぐに剥がれてしまうと、外壁の良さが半減です。

 

当社・輝は、外壁塗装時に配管塗装もしっかりするのでご安心ください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

軒天はよく目につく箇所だから、輝はしっかり塗装します

軒天の塗装についての説明と事例をご紹介します。

軒天とは、簡単に言うと突き出た屋根の裏側の天井部分のことです。
屋根もそうですが、雨よけ、日差しよけとして壁から突き出た箇所があると思います。その天井のことを軒天と呼んでいます。

よくあるのはベランダの天井ですね。輝はベランダ屋根などの軒天もしっかり塗装します。

意外に大事な軒天

普段、あまり軒天に注目することはないと思いますし、外壁塗装をする際も、家主様から外壁や屋根のことは話題になっても、軒天にまで関心がある方はあまりいらっしゃいません。

しかし、家を見上げたときに軒天は必ず目に入る箇所なので、外壁塗装の仕上りや見た目にとって意外と重要な箇所です。なので、しっかり塗装をします。

上の写真↑は、当社が外壁塗装をした戸建てのベランダ屋根の軒天です。写真は塗装前の状態です。

 

軒天も外壁塗装と同じく下塗りから丁寧にしていきます。下の写真が下塗りをしている風景です。軒天井の下塗り

 

 

下塗りが終わると、中塗りと上塗りを重ねて進めていきます。下の写真はまだ塗装の途中写真ですが、塗装前と下塗りの写真と見比べていただくとわかりますが、こちらのお宅の軒天は白からブルー系の色に塗りかえました。

軒天井の中塗り・上塗り

軒天の色は、元の色と同じ色で塗ることもできますし、外壁と同じ色でも良いですし、軒天部分と外壁の色を変えて塗装することも可能です。

 

意外とよく目につく箇所なので、外壁と同じく色選びをしていただきたいですし、当社もしっかりと塗装させていただきます。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外壁塗装の防水コーキング施工の内容と流れ

なぜ外壁塗装をするのか?
外壁塗装の目的は「防水」のためと言っても過言ではありません。

壁と壁の継ぎ目を目地と言ったりしますが、目地には壁の隙間を埋めて水が浸入しないようにコーキング材(シーリング材)を充填しています。

新築して7年、10年と経過してくるとコーキング材は劣化によりひび割れなどが始まり、防水の為にしていた継ぎ目のコーキング部分から雨水が侵入する可能性があります。

そうならないために、外壁塗装のタイミングでコーキングのし直しが必要です。

せっかく外壁塗装をして壁が綺麗になっても、コーキングが出来ていないと住宅を保護する観点では意味がありません。

今回は、当社・輝のコーキング施工の流れをご紹介します。

まず、コーキング前の壁です。目地の部分に黒い線が入っていますが、ひび割れヶ所です。こちらの住宅は新築して12年ほど経過している状態です。

 

まず、新築のときに充填している古いコーキング材を除去します。
(ご注意:業者によってはコーキングしないまま上から塗装するケースや、古いコーキング材を取り除かないで、上からパテ補修するケースもあるようなので、業者さんに確認してください)
古いコーキング材の除去

 

取り除いた後の目地の掃除をしっかり行い、接着剤となるプライマーを塗布します。

 

新しいコーキング材(シーリング材)を充填します。

 

充填したコーキング材を整えて完了です。この後、外壁塗装を行います。

 

コーキング施工の流れは以上です。
外壁塗装をする前段階の重要な工程です。上から塗装をしてしまえば分かりにくい工程ですが、当社・輝ではしっかり行います。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝はベランダの床塗装も丁寧に、防水効果が出るように。

輝塗装のホームページをご覧いただき有難うございます。

今回は、ベランダの床塗装について作業事例をご紹介します。

まず最初に、住宅の外の部分を「ベランダ」や「バルコニー」といった言い方をする場合があります。外壁塗装においてベランダとバルコニーと言葉を使い分ける必要はあまりないのですが、言葉の違いを紹介すると、ベランダは軒天上などの屋根がある箇所で、バルコニーは屋根が箇所です。

今回はベランダを事例とした床塗装についてです。

当社・輝では基本的にベランダの床塗装を行います。
外壁塗装をすると住宅の外側全体が綺麗になるので、ベランダだけ古いままというのはもったいない話です。ただし、ベランダの床も住宅によって、木製床、金属床、樹脂の床、タイル床、コンクリート床など色んなタイプがあります。塗装工事は、それぞれの床の種類、状況とお客様の要望に合わせて塗装を行います。

 

紹介する事例写真は木造戸建て住宅のベランダによくある床の塗装事例です。

ベランダ塗装の下塗り

上の写真は、ベランダ床を高圧洗浄してきれいにして乾燥した後、下塗りプライマーを塗装している作業風景です。(エアコン室外機を浮かせて塗装しているところです)

下塗りプライマーとは、中塗り塗料、上塗り塗料が密着して防水等の効果を発揮するための下塗り剤です。

いきなりトップコート剤(上塗り剤)を塗布しても、すぐにひび割れたり、剥がれたりすると防水効果が発揮されません。

 

ベランダ床の中塗り

上の写真は、ベランダ床の下塗りをした後に、中塗り塗料を塗布している作業風景です。

 

ベランダ床のトップコート

上の写真は、ベランダ床のトップコート(上塗り剤)を塗布している作業風景です。

ベランダ床は、下塗りプライマーと中塗り、上塗りのトップコートと重ね塗りをしっかりすることで、防水効果が発揮されます。

 

住宅の築年数が長く、ひび割れや劣化が激しいベランダ床は、プライマー塗装前に修復作業が必要となったり、非常に激しい劣化・損傷をしているベランダは、下地の工事が必要な場合があります。

見積りの段階で確認させていただき、適正な補修工事と塗装を実施しますのでご安心ください。

 

ベランダの塗装はお早めに
外壁も同じですが、劣化や損傷が激しい壁面やベランダ床面は、雨水などが内部に侵入して腐食や損傷を進行させる原因になります。
また、補修の工事が必要となると、その分の工事代金も料金に上乗せすることとなり、住宅への影響や費用を考えると、表面にひび割れや劣化が症状が発生する前に塗装を行うことをお奨めします。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝は、屋根塗装でタスペーサーを取付けます、写真事例。

輝のタスペーサー取付け作業事例を紹介します。

屋根塗装には「縁切り作業」「タスペーサー取付け作業」と呼ばれれる工程があります。

縁切り(えんきり)もタスペーサーも同じ意味の作業です。

 

最近の住宅の屋根の多くはスレート屋根です。

スレート屋根には縁切り材とも呼ばれるタスペーサーを取り付けます。

タスペーサー部品

タスペーサー取付け作業(尼崎の輝)

上の写真がスレート屋根にタスペーサーを取り付けている作業風景です。

なぜ、タスペーサーを取り付けるか、
それは、雨水による腐食を予防することと、雨漏りを防止するためです。

タスペーサーを取り付けることで、スレートとスレートの間に隙間ができます。この隙間は、雨水を逃がす役割があります。

 

通常、雨が降ると、スレートの下にも雨水が入っていく構造になっています。雨水が入っていくことは屋根の構造上、通常のことです。

問題なのは、スレート屋根に侵入した雨水が排出されないことです。

スレートとスレートの間が塗料で塞がって隙間がなくなると、雨水が排出される逃げ道がなくなり、屋根の下に雨水が溜ってしまいます。

こうなると、屋根の中が腐食したり、排出されない雨水が屋内に流れて雨漏りにつながります。

そのために、タスペーサー部品をつかって隙間をつくります。

タスペーサー取付け例

上の写真は、タスペーサーを取り付けている途中の事例です。

 

タスペーサー取付け完了

上の写真は、タスペーサーを取付けが完了した写真事例です。

 

以上、タスペーサーの取付け事例でした。
屋根の上は、確認しにくい箇所ですが、当社・輝は、タスペーサーをはじめとした屋根作業をしっかり行います。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝のエアコンカバー塗装の説明

輝は、エアコンの化粧カバーも塗装をしっかりしています。

日焼けしたり、雨風にさらされているエアコンカバーは経年により変色が起きたり傷んでいます。外壁塗装のタイミングでカバーも塗装することで見た目をよくして、劣化の進行も抑えます。

当社・輝はカバーの塗装も外壁塗装の標準のお見積り料金に含めています。

 

今回はそのエアコンカバーの塗装事例を紹介します。

まず、エアコンカバーは樹脂製なので、ケレン施工を行います。

ケレン施工とは、樹脂や金属部分など、そのまま塗装をすると塗料がひび割れたり、剥がれやすい箇所に、ヤスリなどできめ細かな傷をわざとつけて、塗料の付きを良くするための作業です。

下の写真のようにヤスリでこすります。こうすることでカバーへの塗料の密着がよくなります。

外壁塗装エアコンカバーのケレン

 

ケレン等の前工程を終えると塗装作業にかかります。
塗料の色は、もともとのエアコンカバー色の同系色か、壁の色の同系色に合わせて塗装します。

下の写真は、エアコンカバーの上塗りをしている作業写真です。しっかりと塗料を重ねて仕上げます。

エアコンの化粧カバーの塗装

 

下の写真が塗装完成写真です。元通りのきれいな白色のカバーに生まれ変わりました。

尼崎でエアコン化粧カバーの塗装

せっかく、外壁がきれいになったのにエアコンカバーだけが古いままだと見た目が悪くてもったいないですね。

エアコンカバーもきれいになると、とても気持ちいいです。

 

以上、エアコンの化粧カバーの塗装事例でした。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]