緑色から赤色のツートンカラーの外壁に。輝は、お客様の要望に応える外壁塗装、尼崎から大阪、関西へ

こんにちは、外壁塗装は安心してお任せください。輝(かがやき)です。

 

今回の塗装事例は、緑色の外壁を赤色の塗料に塗替えをした事例です。

赤色の外壁、珍しいですね。

外壁塗装で赤色

 

今回、ご依頼いただいたのは尼崎の家主様、こちらの戸建住宅は、緑色と白色の2色のツートンの住宅でした。

ご依頼は、緑色の部分だけを赤色に塗装してほしい、とのご依頼でした。

こちらの住宅はまだ築年数が短く、外壁の補修目的ではなく、色の変更のご依頼で緑色を赤色に変更する塗装依頼でした。

緑色の外壁

こちら上の写真が、塗装前の緑色と白色のツートンカラーのお宅です。

下の写真のように、玄関周りも一部ツートンカラーです。

 

下の写真は車庫、こちらの壁も緑色です。

 

 

緑色の部分を赤色に塗装する場合、

緑色の外壁の上にいきなり赤色を塗装しても、きれいな赤色に仕上がりません。

一度、下塗りとして白系の壁に戻します。

 

 

 

 

こちらは一階部分の大きな緑色の壁面です。

外壁の色(グリーン)

この壁も赤色の塗装を塗るために、一旦、白壁に戻すために、白色の塗料を下塗りします。

下の写真が、白色に塗装した壁です。

ここから赤色の塗装を塗っていきます。

 

 

白色に下塗りした壁を赤色の塗装に塗り重ねていきます。

 

赤色に仕上がった壁です。

 

こちらは1階部分の大きな壁面、白色に塗装した上から、赤色の塗料を塗装していきます。

 

こちらが赤色に仕上がった壁面です。

 

 

その他、玄関まわりの壁も家主様との打合せどおり、部分部分を赤色にしてツートンカラーに仕上げていきます。

外壁塗装で赤色

 

下の写真が、赤色に塗装して完成したところです。

赤い外壁

きれいな赤色の壁面に仕上げることができました。

外壁を赤く塗装

 

 

今回は、尼崎の戸建て住宅の塗装を緑色から赤色に変更する外壁塗装のご依頼でした。

緑色の外壁にしたいと思っている方や、赤色のツートンカラーにしたいとお考えの方に参考になる事例写真となったのではないでしょうか。

 

原色系の色を出すのは技術的に難しい面もあるのですが、今回、尼崎の家主様と打合せやサンプル確認を繰り返し、お客様の納得する色に仕上げることができました。

 

赤色の外壁や、ツートンカラーにしたい方は、是非、輝(かがやき)にご相談ください。

 

 

当社・輝は、一部分だけの塗装も承ります。

下請け会社を通さない直接塗装の「輝(かがやき)」に、お気軽にお見積りください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

屋根の断熱塗料の効果は?塗装前後で比較、温度測定した写真も。輝は尼崎をはじめ大阪、伊丹、西宮、神戸

お陰様で尼崎で20年、株式会社輝(かがやき)です。

地元・尼崎で屋根と外壁塗装のご依頼をいただきました。

当社は尼崎をはじめ、大阪、西宮、伊丹、神戸...関西一円で仕事をしています。

お気軽にお声をおかけください。

 

今回のお客様は当社のホームページをご覧になってお声をかけていただきました。

ほかの尼崎の塗装業者に何社か見積りを取られたようですが、当社をご選択いただき嬉しいです。

 

こちらのお客様、屋根の塗料は断熱塗料を選択されました。

屋根の色を選んでいただくため、塗料メーカーの屋根塗料のカラーサンプルをお渡ししたところ、断熱塗料に興味をもたれたようです。

こちらのお客様は3階建ての戸建て住宅ですが、屋根の下となる3階の室内温度が気になっていたということでした。

屋根の断熱塗装の工事事例としてご紹介します。

 

屋根の塗装工程

下の写真が、塗装前の屋根です。
戸建住宅ではポピュラーな軽量スレートの屋根です。

 

屋根中央の頂点部分、棟板金の部分は鉄部で、先にケレン施工をして錆び止め塗料を塗りました。
錆止め塗装前には屋根全体の高圧洗浄も行っています。

 

屋根の下塗りです。

下塗りは、最終的に塗る塗料の密着をよくする効果があります。

この下塗りを丁寧にしっかりすることで、断熱塗料の密着性が高まり、仕上りや耐久性がよくなります。

下塗りをしたあと、スレート屋根にタスペーサーの取付け作業(縁切り作業)を行います。

タスペーサーについて詳しくはこちらをご覧ください。
屋根塗装でタスペーサーを取り付ける

 

 

下塗りをした上に、断熱塗料を塗っていきます。

一度目の断熱塗装は中塗りです。

屋根塗料の中塗り

中塗りを終えたら、乾燥させて、さらにもう一度断熱塗料を塗ります。上塗りです。
下塗り、中塗り、上塗りを丁寧にすることで、仕上りが良く、耐久性、そして、断熱効果もしっかりでます。

 

 

こちらが上塗りの断熱塗装を完了した屋根です。屋根の断熱塗料(尼崎市)

中央の鉄部、棟板金は後ほど塗装します。

 

断熱塗料の効果は?

さて、屋根の断熱塗料はどれくらいの断熱効果があるのでしょうか。

塗装前と塗装後で、サーモグラフィで温度の違いを測定しました。

 

まず、温度の測定条件について、

塗装前と塗装後では測定日が異なるので、天候などの条件は全く一緒ではありません。

測定した日はいずれも6月です。

測定場所は尼崎市の同じ建物です。

 

ビフォー写真(塗装前)

まず、塗装前の温度の測定です。

断熱効果の測定

塗装前は48.7度と測定されました。

6月の太陽の陽射しを浴びている屋根は、かなり高温になっていますね。

 

 

同じく、塗装前の屋根の温度を数ヶ所で測定します。

断熱塗装の効果を測定

こちらは47.6度と測定されました。

 

 

アフター写真(断熱塗装後)

そして、こちらが断熱塗料を塗ったあとの屋根の温度です。

35.5度と測定されました。

 

 

さらに別の箇所で断熱塗料を塗った後の屋根の温度です。
断熱塗料を塗った屋根

断熱塗料の屋根の温度

36.6度と測定されました。

 

塗装した結果は次のようになりました。

[塗装前の温度]

48.7度

47.6度

[塗装後の温度]

35.5度

36.6度

 

測定した日や天候条件が同一ではないので、参考の比較ではありますが、断熱塗装を塗る前と、塗った後では、かなり温度差が出ました。

また、測定しているのは屋根の表面温度です。

表面温度が10度以上も下がる効果があっても、室内温度も同様に10度下がるということはないと思いますので、ご参考としてご理解ください。

 

ただ、断熱塗料に効果があることはよくわかり、お客様も想像以上の効果だったらしく驚いていらっしゃいました。

 

 

屋根用の断熱塗料の色について、

カラーバリエーションがあります。

今回、こちら尼崎の3階建てのお客様は水色を選択されました。

塗料メーカーのカタログによると、塗料の色によっても断熱・遮熱効果が異なり、やはり一番断熱や遮熱効果があるのは白色の塗料です。

一般的な屋根用の黒色の断熱塗料もあります。

屋根の断熱塗料(尼崎市)

今回は、外壁塗装の屋根塗装に断熱塗料を選択された尼崎のお客様をご紹介しました。

意外としっかり断熱効果があって検討の価値があるかと思います。

2階建てや3階建の最上階の温度が高いのが気になる方、断熱塗料もご検討ください。

 

料金について、断熱塗装はメーカー塗料の料金が若干高くなりますので、標準の塗料よりは少し高くなります。

いずれもお見積りにてご案内しますので、ご希望の方はお知らせください。

 

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

折板屋根(折半屋根)を塗装しました。住宅、工場の屋根塗装は輝に、尼崎から大阪、伊丹、西宮へ

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

当社・輝は、建物の住宅や店舗・工場の塗装・修繕を承っています。

今回は、住宅の屋根塗装のご依頼をいただき、工事をしたので事例としてご紹介します。

塗装した屋根は「折板屋根」です。

折半とも書いたりします。「せっぱん」と読みます。

下の写真のような屋根です。

折半屋根の塗装事例

折板屋根は、鉄の屋根でよくある種類で、鋼板を山折り、谷折りと繰り返し、ギザギザとした屋根板です。

よく工場の屋根や、集合住宅の自転車置き場の屋根などに使われているのをよく見ると思います。

それはなぜか?

工場や自転車置き場の屋根が、折板屋根なのは理由があって、それは、折板屋根は長い屋根に向いているからです。

長くしたり、大きくしたり、大きいサイズの屋根をつくることができます。

そして、軽量なので、大きい建物や長い建物にも向いています。

 

今回は、戸建住宅の屋根に折板屋根を使われているお宅です。

塗装をしてきました。

まず、塗装前の写真です。

折半屋根

塗装が剥がれて、めくれてきたり、塗装が薄くなったり、汚れもずいぶん付着しています。

塗装する時期に来ていますね。

もし、このまま放置しておくと、表面だけではなく、鉄の部分が錆てボロボロに朽ちてしまいます。

そうすると穴があいて雨水が浸水して、家にもダメージがあります。

 

 

塗装作業開始です。

はじめにケレン施工です。

ケレン施工は、鉄部の塗装の前工程となる作業です。

ヤスリで塗装面をこすります。

屋根のケレン施工

ケレン施工をすることで、古い剥がれかけている塗装幕を除去します。

また、表面に付着している汚れや錆もこすり落とします。

ケレン施工は汚れを落とすだけではなく、塗装する鉄部の表面にこまかな傷をあえて付けて、塗装の塗り(付着)をよくする作業も兼ねています。

下の写真が、ケレン施工をした後の写真です。

剥がれかけた塗装膜や、汚れが落ちているのがわかると思います。

ケレン施工が終わると、塗料を塗っていきます。

丁寧にローラーと刷毛(はけ)を使い分けて、下地の塗装をしていきます。

当社・輝は、基本的に下塗りから上塗りまで塗装は手塗りです。

広い塗装面にはローラーを使い、細かな部分は刷毛を使います。

手塗りの他に、吹付け塗装という方法もあります。

吹付け塗装は塗布するスピードが速く、工事も早いというメリットがあるので好む業者さんもあります。

当社も条件によっては吹付け塗装をする場合もありますが、

吹付け塗装は、手塗りと比較して塗料の量が多く必要で、塗料が飛散してしまうというデメリットもあり、住宅塗装や住宅街などでは近隣トラブルにもなりかねません。

手塗り塗装は、塗装する箇所を確認しながら、丁寧に塗装できるというのが大きなメリットで、「丁寧に」というのが当社のスタイルとも合致しています。

塗装は、下地処理が終わると、さらに2回重ね塗りをします。

重ねて塗ることで、仕上りがよくなり、さらに塗装の耐久性もよく長持ちします。

 

 

こちらが塗装後の写真です。

折板屋根の特徴である長い屋根です。

きれいに塗り上げることができました。

今回は、戸建住宅の折板屋根(折半屋根)の塗装の事例をご紹介しました。

鉄の屋根以外でも、また屋根以外でも、何でも塗装を承っています。

 

尼崎をはじめ、周辺の大阪、伊丹、西宮、神戸の方々、お気軽にご相談ください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の折板屋根ほか、ご相談はお気軽にお問合せください。

屋内の壁のひび割れ修繕工事の事例、工場トイレの壁を修繕しました。輝は尼崎より、大阪、神戸へ

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

今回は工場のトイレの修繕のご依頼をいただきました。

 

工場のトイレの壁にひび割れが発生した事例です。

壁のひび割れを修繕して、塗装を行います。

 

下の写真は、ひび割れ箇所を埋めた後の写真です。

クラック(ひび割れ)箇所をモルタル材を注入し、割れ目を埋めています。

ひび割れ箇所を隙間なく埋めて、壁を復元する作業をしました。

黒くなっているのは汚れではなく、穴埋め作業をして、壁を整えた後の状態です。

ひび割れの修繕が終わったところで、外観を整える塗装を行います。

まず、シーラーを塗装します。

シーラーは、壁と塗料をつなぐ接着材の役割りがあります。

このシーラーをすることで、この後の塗料の塗りがよくなり、仕上りもよく、塗装が長持ちします。

シーラーが終えると次にパターンです。

パターンはその名の通り模様です。

壁には色と模様あります。

同じ白い壁でも、凹凸の模様が異なると、雰囲気が変わります。

ひび割れ部分を埋めて、同色で塗装しても、壁の表面のパターン(模様)がそこだけ変わってしまうので、ひび割れ部分にも周囲の壁と同じパターンを付けます。

このパターンを付けることで、塗装後の仕上りが一層よくなります。

パターン作業が終わると、下地ができあがりです。

ここから、さらに塗装をして仕上げていきます。

まずは、全面を塗装して、乾燥させます。

そして、最後に上塗りとして最終の塗装をします。

上が工事完了後の写真です。

ひび割れ痕はもちろん、どこにひびが入っていたかもわからなくなりました。

これで、工場の方々が気持ちよく、トイレをご利用いただくことができます。

 

今回の修繕工事の工程は、

1.ひび割れ箇所の補修(穴埋め)

2.シーラー(壁と塗料の接着剤塗装)

3.パターン(壁の模様つけ)

ここまでが下地づくり、下塗り作業

4.中塗り

5.上塗り

以上です。

工場のトイレの壁の修繕と塗装の工事の事例でした。

今回は屋内のひび割れ事例ですが、外壁のひび割れも修繕を承ります。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

工場の外壁、修繕工事のご相談はお気軽にお問合せください。

外壁塗装のリフォームローン払い、月額や手続きについて、尼崎の輝です。

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

今回は塗装費用の支払い負担を軽減する「おすすめのリフォームローン」のご紹介です。

リフォームローンのどこがおすすめかと言うと、

住宅の外壁塗装の費用は、想像されている金額や、噂となっている相場の費用を耳にすると、とてもとても高くて二の足を踏んでしまっている方も多いはずです。

 

そんな、二の足をふんでいる方にお奨めの「外壁塗装」と「ローン払い」をご紹介します。

まずは、塗装費用ですが、是非、当社・輝(かがやき)にお見積りをご依頼ください。

輝は、尼崎を中心に主に大阪府下と阪神地域でに、外壁塗装・屋根塗装、内装リフォーム工事を行っている自社塗装(直接塗装)の会社です。

お陰様で尼崎で創業して25年が経ちます。(ご案内時現在)

なぜ、当社・輝(かがやき)のお見積りかと言うと、

2社以上から相見積もりを取った多くのお客様から、安いとご好評いただいています。

工事費用が安い理由は、決して手抜きをしているからではなく、塗装専門の業者だからです。

塗装専門の直接塗装の会社だから、営業や宣伝にお金をかける塗装会社のような営業人件費、広告費用、下請けマージンなど、塗装以外の費用が大きく発生していません。

 

しかし、安いと言っても激安ではありません。

戸建住宅の外壁であれば塗装工事費用は最低でも数十万円はかかります。

家の大きさや諸条件によっては100万円を超える工事も珍しくありません。

それでも、直接塗装の当社・輝の費用は、是非、他社さんと比較してほしい金額です。

 

そして、次にお奨めのリフォームローンについてご案内します。

外壁塗装は大きな工事になるので、安い会社を選んだとしても、ご家庭にとって費用負担は小さくありません。

その負担を軽減するのがおすすめするローン払いです。

ローンと聞くと、住宅ローンをご利用されたことがある方なら、銀行の手続きや審査など、いろいろと面倒なイメージをお持ちの方も多いと思います。

また、ローンを長年に渡って支払っていくことを重荷と感じる方も多いはずです。

 

しかし、今一度、ローン払いについて、客観的に考えていただきたいのです。

今までの話はリフォームローンに関するイメージだけの話です。

 

さて、みなさんは、仮に外壁塗装をローン払いにしたとき、

月々のお支払い額はどれくらいだと思われているでしょうか。

 

月々2万~3万円くらいでしょうか、

それとも、

もっと高いでしょうか、安いでしょうか。

 

結果は、月々数千円です。

この金額だったら、外壁塗装に二の足を踏む必要はないのではないでしょうか。

金額については、後ほどシミュレーションをしてみたいと思います。

 

先におすすめのローン会社のご紹介です。

当社が提携しているのは、イオングループのリフォームローン会社です。

イオンプロダクトファイナンス株式会社

 

手続きについては、当社が窓口となるので面倒な手続きは一切ありません。

当社と外壁塗装の契約をしていただくときに、当社が用意する書類に必要事項を書いてローンをお申込みいただくだけです。

(お申込み後に、イオンのローン会社にて審査があります)

 

お申込みが完了すれば、毎月決まった日に、定額が銀行口座より引落しされます。

 

さて、月々の金額のことですが、

仮に外壁塗装の費用が80万円だったとします。

ローン払いの年数を10年間としたとき、月々の支払額は7000円台です。

 

一般的な分譲マンションの管理費の相場が月々15000円なので、その金額からしても充分に費用負担の少ない額で外壁塗装ができます。

 

ローン払いに抱いていたイメージを払拭していただけたのではないでしょうか。

想像していた以上にローンを選択する価値があるのではないでしょうか。

 

詳しい支払い方法や内容については、当社の別ページでご紹介しています。

分割支払いについて

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

カビで汚れた浴室の壁、塗装で綺麗にリフォーム、尼崎の輝のリフォーム事例。

こんにちは、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

当社は、建物の外壁塗装と内装リフォーム工事を尼崎を中心に大阪、阪神間で承っています。

今回は、古くなった浴室の塗装による内装リフォーム工事の事例をご紹介します。

古くなった浴室・風呂の塗装

写真のとおり、壁にはカビがかなり生えて黒くまだらになっています。

カビがはえた風呂を新しく塗装する

浴室のコンクリート壁全面がカビで変色しています。

下は浴室入口の上の壁です。

古くなった風呂のドアの塗装

お風呂は湿気とは切り離せない場所なのでカビが生えやすいですね。

こちらの古くなったお風呂の壁のリフォーム塗装を承りました。

当社は、どんなに古くなったお風呂でも、塗装できれいに蘇らせます。

 

[リフォームどうする?リフォーム方法の選択]
古くなった浴室のリフォームは、壁を取り壊して張り替える大掛かりな全面リフォームをする方法もありますが、今回の工事のように、現存の壁を活かして塗装によるリフォームでも綺麗にすることも可能です。

 

では、内装工事を始めます。

まず、お風呂の壁の表面についたカビを落します。風呂の壁のカビ取り
こちらの写真は、ケレン施工をしている様子です。
ケレン施工とは、塗装をする前工程で、塗装をする表面の汚れを落とす作業です。

汚れが付いたまま塗装をしても、塗料がきれいに付着しません。
ヤスリでお風呂の壁をこすりながら、カビ汚れを落します。

カビをこすり取る
カビ以外の壁表面に付着した汚れも一緒に落として塗装面をきれいにします。
(コンクリート内部に染み込んだ汚れは落ちません)

 

こちらは、お風呂の窓枠のケレン施工です。
窓枠のケレン施工
ケレン施工には汚れを落とす洗浄効果の他に、塗装表面に細かな傷をつける目的もあります。
鉄や樹脂などのツルツルした塗装面に小さな傷を付けることで、塗料の付着を良くする効果があります。
浴室の窓のサン塗装

 

こちらは、お風呂の入口の枠の木部のケレン施工をしている様子です。
ドアの枠の木部塗装
これらケレン施工は、塗装後には表れない前工程ですが、ケレン施工をしっかりすることで、塗料をしっかり塗布でき、塗料の付着がしっかりするため、仕上りと耐久性が良くなり、塗装が長持ちします。

前工程であるケレン施工をしっかりしないと、塗装後まもなく塗料が剥がれるといったこともあります。

 

ケレン施工や前工程をしっかりした後に、塗料を塗装していきます。

こちらはお風呂の天井を塗装している様子です。
下塗りをしている写真です。
風呂の天井塗装
下塗りをすることで、塗装面を整え、中塗り、上塗りの塗料がしっかり付着します。

下塗りもケレン施工と同様にしっかり下塗り作業をすることで、塗装の仕上りや耐久性がよくなります。

今回の下塗り塗料はコンクリート色に近い灰色の下塗り材を使用しています。

 

こちらは、下塗り、中塗りを終えて上塗り作業をしている様子です。
お風呂の塗装なので、防水性の高い塗料を採用しています。

風呂の壁塗装

 

窓枠周辺も丁寧に塗装します。

窓枠や窓には白い塗料が付着しないようにしっかり養生しています。

 

下の写真は枠部分の塗装をしいている様子です。

細かな塗装箇所は、ローラーではなく刷毛(はけ)を使用して、細部まで塗装します。(上下写真:刷毛塗装の様子)

 

下の写真は、塗装完了後の写真です。
カビだらけだった浴室の壁がきれいな白色の壁に蘇りました。

お風呂の入口ドアは新しく取付けました。
新しいドア用に木製枠を取付けましたが、木製枠は壁と同一色に塗装しています。

浴室の壁の塗装後
お風呂内の側面の壁もきれいに仕上がっています。

 

塗装前と塗装後を比較すると、次のようになります。
[塗装前の浴室壁:ビフォー写真]

[塗装後の浴室壁:アフター写真]

 

こちらも浴室内の窓周辺のビフォーアフターの写真です。

[塗装前の窓周辺:ビフォー写真]
古くなった浴室・風呂の塗装

[塗装後の窓周辺:アフター写真]

 

今回は、内装工事の事例として、古くカビで汚れた浴室の塗装事例をご紹介しました。

お風呂をリフォームしたい、汚れたお風呂をきれいにしたいという方、是非、当社・輝にお任せください。

 

お見積りは無料です。

お見積りは現地にて現状を確認させていただいた上で料金をご提示いたします。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

シャッター塗装、錆び取り洗浄をしてから綺麗に塗装します。尼崎の輝。

こんにちは、尼崎市にある株式会社輝(かがやき)です。

今回は、シャッター塗装のご依頼をいただき、塗装をして参りましたので、ご紹介します。

 

塗装をしたのはガレージのシャッター。

こちらが塗装前のガレージのシャッター写真です。

錆びたガレージシャッター

正面から見たシャッター、塗装前

シャッター全体が錆びで茶色くなっています。

こちらはもう完全に塗装時期です。

 

 

では、塗装を始めます。

まず、表面に錆が付着しているので、このまま塗装しても錆びで塗料がすぐに剥がれ落ちてしまうので、表面の汚れ洗浄を兼ねたケレン施工が必要です。

ケレン施工とは、塗装する表面をヤスリで軽くこすり、錆びなどの汚れを落すことと、塗装表面に小さな傷をつけて塗料が付着しやすくすることが目的です。

[ケレン施工の目的]
1.塗装する表面の汚れ落とし(洗浄)
2.塗料が付きやすくする

シャッター、塗装前の錆び取り

上の写真がシャッター表面をケレン施工している様子です。

ケレン施工は大事な前工程です。

ケレン施工をしっかりすることで、塗料の付着がよく、塗装した仕上りの見た目や、耐久性が非常によくなります。

 

 

ケレン施工が終わると、次にシャッターを塗装していきます。

今回は吹付け塗装で行いました。

シャッターの塗装

通常、当社では住宅の外壁塗装では手塗り塗装を基本としていますが、今回は諸条件を考慮して吹付け塗装で行いました。

吹付け塗装のメリットは、塗装スピードが速いことです。しかもシャッターのように溝や凹凸が多くある場合は、その速さが顕著に出ます。

吹付け塗装の主なデメリットは、手塗りと比較して塗料の量を多く使用することと、塗料が飛散してしまうことです。

なので、住宅の外壁塗装のような塗装面が大きい場合や、塗料の飛散の影響が大きい住宅街では吹付とそうは向かないことが多いです。

シャッターの塗装の仕上げ

上の写真は、シャッターの上塗り塗装をしている様子です。しっかり重ね塗りをしておくことで、仕上りや耐久性がよくなります。

 

 

こちらが、ガレージのシャッターの塗装後、アフター写真です。

錆びで古く汚れていた印象のガレージが、シャッターを塗装することで新しく蘇りました。

シャッター塗装の写真

 

今回は、ガレージのシャッター塗装の事例をご紹介しました。

当社、輝(かがやき)はシャッター1枚からの塗装も承っています。お気軽にお問合せください。

塗装料金は、諸条件によって異なりますので必ず現地確認して料金を提示させていただいております。お気軽に見積り依頼のお電話をください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

ブロック塀の塗装事例、焦げ茶色からオレンジ(黄土色)に塗装しました。尼崎の輝。

ブロック塀の塗装事例をご紹介します。

 

まず塗装前のブロック塀です。
塗装前の写真
元のブロック塀の色は焦げ茶色です。

 

そして、こちらが塗装後のブロック塀の写真です。
塗装後の写真
明るいオレンジ色(黄土色系)になりました。

 

改めまして、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。
尼崎市をはじめ、大阪府、阪神地域を中心に建物塗装や改装の仕事をしています。

今回、住宅のブロック塀の塗装をご依頼をいただきました。
住宅塗装のご依頼をいただく際は、塀の塗装も合わせて行っておりますが、当社は、扉や塀など、一部のみの塗装も承っています。

 

今回のブロック塀塗装の写真のご紹介をします。

塗装前の写真です。
ブロック塀(尼崎)

塗装前にブロック塀の洗浄をして、下のコンクリート部分は塗装しないことになっていたので、塗料が付かないようにビニールシートで養生しています。

 

ご希望の塗料で塗装をします。
今回の塗料はオレンジ色に近い、鮮やかな黄土色です。
ブロック塀の塗装(尼崎)

 

一度、下塗りをして、さらに重ねて上塗りをしていきます。

上塗り、重ね塗りをすることで、見た目もよく、耐久性もよくなります。

 

こちらが完了後のアフター写真です。
きれいに仕上がりました。

ブロック塀の塗装例(尼崎)

以上、ブロック塀の塗装事例でした。

塀の塗装をご検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお見積りをご依頼ください。

当社は見積りは無料です。

扉一枚からの塗装も承っています。

お電話いただければ現地確認のうえお見積りをいたします。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

工場の床塗装の事例写真。下塗りから上塗り丁寧な輝が塗装します。尼崎から大阪、神戸へ。

尼崎で塗装工事をしている株式会社輝(かがやき)です。

当社は、戸建・マンション・店舗・工場など、建物の外装・内装リフォームをしている会社ですが、意外に多いのが工場の外壁塗装や修繕工事のお仕事です。

尼崎は工業の町として知られているうように、尼崎

市内には大小さまざまな工場が多くあります。

当社も、大企業の工場から小規模の工場まで、様々な工事をさせていただいておりいます。

 

今回は、工場の床塗装の事例をご紹介します。

工場一角のコンクリート床のスペースを作業場にするため床塗装のご依頼をいただきました。

 

こちらが作業前の工場のコンクリート床です。

工場のコンクリート床(塗装前)

コンクリート床の塗装 コンクリートがむき出しの状態です。

ここから、よくある緑色の工場床に塗装していきます。

 

[塗装前の処理]

今回は、きれいなコンクリート床なので、下処理や補修の工事がありませんでした。

塗り替えなどの場合は、古い塗装を剥がすなどの下処理を行います。

また、床がひび割れている場合は、クラック箇所を埋める補修などを行います。

下処理やひび割れ(クラック)の補修を行わないと、床用の塗装を仕上げた後に凸凹ができたり、ひび割れが進行して症状が悪化してしまいます。
(今回は下処理、クラック補修はありませんでした)

 

 

次に、下塗りを行います。

下塗りは、上塗り塗料がしっかりと密着して塗れるように、上塗り塗料が長持ちする耐久性のために必要な工程です。プライマーとも呼ばれます。

工場床の下塗り塗装

[下塗り、プライマー塗装の役割]

コンクリート床の塗装では、コンクリートに直接に上塗り塗料を塗っても、コンクリートが塗料を吸収してしまい、色が上手く付かない場合があるので、下塗りとなるプライマー塗装を丁寧に行うことも重要です。

下塗り剤の塗装工程をしっかり行うことで、見た目や耐久性に影響します。

下塗り剤をしっかり塗布することで、上塗りの緑色塗料がしっかりと塗装できます。

下塗りが完了した写真です。

床塗装の下塗りが完成

 

 

次に、緑色の床塗料を塗装していきます。

床に緑色の塗料を塗る写真

 

下塗り、中塗りと塗装をしていきます。

一度塗装した箇所に、さらに重ねて塗装することで、仕上りや耐久性が良くなります。

工場床の中塗り作業

 

最後に、仕上げの上塗りをして完成です。

工場床の上塗り作業

 

 

工場の床の塗装は、濃い緑色の床用塗料が一般的ですが、やや薄い緑色の床用塗料もあります。

薄緑の床用塗料

工場の床用塗料の色は、緑系以外もありますので、お好みや工場用途に応じてご選択、ご相談ください。

 

工場の床は、塗装をしっかり行うことで工場作業の安全性や効率・生産性に影響すると言われています。

床がきれいだと掃除もしやすく、衛生面にも良く、働く方々も気持ちよく仕事ができます。

また、工場にお客様が入られることがある会社にとっては、床がきれいであることは、お客様や取引先のもつ印象も格段と上がるので、取引きにもプラスとなります。

 

 

今回は、工場の床塗装の事例をご紹介しました。

当社・輝は、尼崎をはじめ、大阪、神戸等での工場の塗装・修繕実績が多くありますので、安心してお任せください。

床塗装のほかにも、外壁、修繕なども承ります。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

工場の塗装・修繕のご相談もお気軽にお問合せください。

配管のみの塗装事例。戸建住宅の水道配管、工場の設備配管は輝に、尼崎から関西一円へ。

外装工事・外壁塗装をしている尼崎市の株式会社輝(かがやき)です。

先日、お問合せがあり、
「配管だけを塗装してもらいたいんですが、できますか?」
とご質問いただきました。

 

当社・輝では、ドア1枚から塗装を承っておりますので、配管のみの塗装もさせていただきます。

[配管の種類について]
配管にもいろいろな種類がありますが、当社では、種類を問わず次のような配管塗装を承っています。

・戸建て住宅の水道配管
・マンション等の集合住宅の設備配管
・工場内の配管
・工場施設の屋外配管
・プラント施設の配管

ただし、現地調査をしての見積りが必要です。
お電話だけのお見積りをすることはしておりません。
尼崎市のほか阪神エリア、大阪府下、関西一円に対応しています。

 

そのお客様からはお問合せだけだったのですが、そんなご質問があったので、実際に当社が配管塗装を請け負った仕事の写真をご紹介します。

 

下の写真は、配管のみを新設されたお客様の建物です。
新しい配管を設置したところで、塗装前の状態を下から撮影したものと、上から撮影した2枚の写真です。

配管の塗装(尼崎の輝)

 

下の写真はパイプの表面をケレン施工をしているところです。
ケレン施工は、樹脂や金属などの表面を、塗装前に紙ヤスリ等でこすって細かな傷や凹凸をつける作業です。

このケレン施工をすることで、塗装の付着がよくなり、仕上りや耐久性も良くなる重要な塗装前の作業工程です。

 

 

下の写真は、塗装後の写真です。

建物の外壁と同じ色に仕上げました。
パイプを留めている金具部分もしっかり同色塗料にてしっかり塗装しています。

上部のパイプ挿入口の外壁も塗装前はセメント色でしたが、壁の同じ色の塗料で塗装したので、自然な仕上がりになっています。

 

今回は、「配管のみの塗装」の事例をご紹介しました。
住宅や工場で樹脂や金属の配管塗装をご検討されている方は、下記までお問合せください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

外壁塗装、塗料の色はいつまでに決めるの?

外壁塗装の株式会社輝(かがやき)です。

外壁塗装の色について、ご質問をいただきました。

「外壁の塗料の色はいつまでに決めるんですか?」

 

お客様の中には、契約(申込み)をされる前までに外壁の色を決めないといけないと思っている方もいらっしゃいます。

外壁のの手塗り

当社では、外壁の色を決めるのは、外壁塗装の楽しみの1つとして、じっくり考えていただきたいと思っています。

例えば、外壁の色は1色だけではなく、部分的に色を変えたり、ツートンの2色にしたりと、せっかく外壁塗装をするので、家族で話し合いながら楽しんでいただきたいのです。

 

それでは、外壁の色はいつ決めるのか?流れを説明いたします。

 

<色を決める流れ>

[1]見積りのご依頼
まず、外壁塗装について、見積りのご依頼をください。
当社の担当者が、家の現場確認と家の大きさの測定に参ります。
この段階では、色を決めていただく必要はありませんが、外壁の色についてご相談がありましたら、お気軽にお尋ねください。

見積書は後日に持参いたします。

 

[2]御見積書の提示(色サンプルのお渡し)
見積書を持参し、塗装の見積り内容を詳しくご説明いたします。
見積書と塗料の色サンプルをお渡しして失礼いたしますので、ご家族で、見積り内容をご検討ください。

 

[3]契約(色はまだ決めずにOK)
見積書を検討いただき、当社・輝にご依頼いただける場合は、ご連絡ください。
契約の手続きに参ります。お申込書に必要事項などをご記入いただきます。
この時点では、色を決めていただく必要はありません。
作業の開始時期や段取り、ご近所への挨拶のことなどを打合せさせていただきます。

 

[4]作業開始(色の決定)
ご契約手続きから作業開始までは、1週間以上、場合によっては2週間、それ以上お待ちいただくこともございます。
この間に色を決めていただく時間が十分にありますのでご検討ください。
作業が始まると、まず足場を組みます。その後、洗浄作業にはいります。
この頃、作業を開始する前後までに色を決定ください。

 

[5]作業~完了まで
外壁塗装の工事期間は、家の大きさにもよりますが2週間前後が標準です。
工事が終了しまいたら、「工事写真報告書」をご提出して、完了の説明をさせていただきます。
工事完了後、20日以内に外壁塗装料金をお振込みください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

外壁塗装の色選び、水色の外壁、黄色(クリーム色)の事例写真

尼崎市で外壁塗装をしている輝(かがやき)です。

尼崎市以外にも、伊丹、西宮、宝塚、芦屋、神戸でも外壁塗装をしております。

住宅の外壁塗装で悩むのが外壁の色です。

塗り替え前と同じ色の塗料を選択されるお客様もいらっしゃいますが、思い切って色を替えたいと考えられるお客様もいらっしゃいます。

 

下の写真は、当社が塗装をさせていただいた3階建ての住宅です。

塗り替え前は、写真のとおり水色の外壁でした。

水色の外壁の住宅

ブルー系の外壁は住宅全体の割合からすると少ない色だと思うので、ブルーや水色の塗料を検討されている方には参考になる写真かと思います。

水色の外壁はかわいい洋風な仕上がりになりますね。

 

 

こちらのお客様は、外壁の塗り替えで、新しい色は「黄色」を選択されました。

こちらが塗装後の写真です。

外壁塗装で黄色の住宅

黄色といってもクリーム色との中間のような塗料で、黄色の中でも落ち着いた色です。

こちらのようなクリーム色の系統の色は、建売住宅でもよく選ばれている色です。

建売住宅の場合はプロがデザインや色の選定をしているので、明るく華やかであり、住宅としても相性の良い色ですね。

白系の色では、「ややさびしい」「物足りない」という方には、クリーム色や黄色系は良いかと思います。

 


こちらのお客様の外壁塗装は、屋根塗装、防水のシーリングもして、約2週間の工期でした。


 

外壁塗装をされる際、色を決めるのは迷いますね。

当社では、大いに迷っていただきたいと思っています。それも外壁塗装の楽しみの1つです。

 

[色はいつまでに決めればよい?]

外壁の色を最終的に決めるのは、契約後です。

足場を組んで洗浄して、下塗りをして、色を決めるまでは十分に時間があるので、色サンプルや、大きめの板への試し塗りも可能ですので、楽しみながら色選びをしていただければと思います。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

玄関ドアの内側の塗装事例、集合住宅編。輝は尼崎の塗装会社です。

住宅塗装の輝です。

今回は、集合住宅の建物内装の事例紹介です。
(ビフォーアフターの写真付きです)

 

尼崎市内にも沢山のマンションが建設され、尼崎市の人口が増えているそうです。現在市内の人口は45万人です。

近年では「住みやすい街ランキング」の1位に選ばれた実績も。

 

さて、新しいマンションの建設も多いですが、尼崎市の人口のピークは昭和45年で当時の人口はなんと55万人だったそうです。

市内には人口ピークの時代に建設された集合住宅も多いですね。

 

今回、塗装させていただいたのは、集合住宅の玄関ドアです。

鉄製のドアの内側が、錆びや汚れが目立ち、リフォームされるということで輝にご連絡いただきました。

こちらが、塗装前の玄関ドア・内側の写真です。

室内の塗装例

よくある集合住宅の鉄製の玄関ドアです。

ご覧のとおり塗装が剥げていたり、錆びや汚れが目立ちます。

今回、こちらのお宅は内装リフォームをされるということで、玄関ドアもきれいに塗装をし直したいということでご依頼いただきました。

 

 

塗装させていただいたのが、こちらの写真です。

ドアの塗装

ビフォーアフターで比較していただければ一目両全です。

きれいな白の玄関ドアに蘇りました。

玄関は毎日通る場所なので、塗装が剥げて汚れていては気分もよくないいですね。

特に玄関の内側ドアは、朝、家を出ていくときに目に入る場所です。きれいなドアから一日を始めたいものです。

 

今回のドアの塗装は、錆止めを含めて半日の作業でした。

鉄製のドアの内側の塗装でしたが、内側でも外側でも、片側・両側かかわらず承ります。

また、鉄製以外にも、木製やその他の材質のドアでも塗装いたします。

木製ドア・木製シャッターの塗装事例(宝塚市)

 

マンション・集合住宅でも、戸建て、工場など、建物の種類も問いません。

お気軽にお見積りをご依頼ください。納得の料金で実施させていただきます。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

リフォーム、リノベーションのご相談もお気軽にお問合せください。

 

外壁塗装の費用の比較、まず費用の違いを知る。尼崎の塗装会社の事例

外壁塗装の輝です。今回は、塗装料金についての話です。

外壁塗装を検討されている方にとって、塗装費用は大きな関心事かと思います。

 

今回は、当社・輝を事例に塗装料金の中身を説明します。

まず最初に、ご検討されている方がご理解されると良いのは、塗装会社の種類です。

塗装会社は、主に次の3つの種類に分けることができます。
・大手塗装会社
・中堅塗装会社
・小規模会社

規模大きさの種類で分けましたが、規模による違いは主に次のような事柄です。
大手塗装会社:営業と管理が主業務、塗装工事は下請けの塗装専門会社に依頼。
中堅塗装会社:営業部門から塗装工事まで一貫して実施、規模は数十人から数名。
小規模会社:職人中心の塗装専門会社、営業担当者は0人~2人、大手の下請けに専念する会社も。

 

当社・輝を分類すると、小規模会社の「塗装専門会社」に該当します。

当社は、営業専任はいません。工事と兼務している者が営業も担当しています。

 

塗装会社の種類をご説明しましたが、塗装料金は塗装会社の種類によって異なります。

下の図は、「当社・輝」と「大手または中堅塗装会社」の費用構成を比較したイメージです。

[塗装会社の費用構成の比較(輝の場合)塗装料金の比較

塗装費用の構成を分別すると、図のように「緑・赤・青」の3つに分けることができます。

一番下の緑部分の塗装費用は、どこの塗装会社に依頼しても必ずかかる費用です。

次に、赤色部分の「営業費用」は、規模にかかわらず発生する費用ですが、どれだけ営業費用をかけているかは、規模に関わらず、それぞれの会社によって異なります。

例えば、当社のような小規模塗装会社であっても、大通りやビルの屋上に看板を設置したり、新聞の折込みチラシを積極的に展開している会社もあります。

当社の場合は、目立った宣伝はしておらず、ホームページや自社で配布するチラシなど営業費用は僅かです。

大手や中堅の塗装会社になると、テレビCMや新聞広告など積極的に広告費をかけ、また、営業社員も多く雇用しており、費用構成の多くを営業費が占めます。

そして、青色部分の費用は、大手塗装会社の特有の費用です。大手塗装会社は工事は下請けに任せるので、営業と管理が主業務になり、下請け管理等にかかる費用と自社の利益を確保するための費用です。

 

塗装をご検討されている方に一番ご理解いただきたい事は、塗装会社にかかる費用を負担するのは、塗装をするお客様です。

塗装会社の利益、営業・宣伝費、管理費用、これら全ては、お客様に請求する塗装料金に上乗せされます。

 

当社・輝の塗装料金が他社と比較して安い理由は、広告費や営業人件費、管理費が、ほとんどかかっていないからです。

当社に外壁塗装をご依頼されるお客様のほとんどは、当社のホームページをご覧になってご依頼いただくお客様か、リピートのお客様がほとんどです。

 

今回は、塗装会社の違いによる塗装費用の構成、料金比較についてご説明いたしました。

ご検討されている方の参考になればと思います。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

マンション集合住宅の修繕、外壁塗装の輝(かがやき)、尼崎の事例

株式会社輝(かがやき)のマンションの外壁塗装の事例です。

株式会社輝では、尼崎を中心に戸建て住宅、集合住宅の外壁塗装を行っています。(尼崎市以外でも大阪、神戸間で工事実績多数ございます)

 

マンションは戸建て住宅と比較すると、建物が大きく外壁面積も広いため、壁の傷みや汚れが目立ちやすいのが特徴です。

定期的に修繕を含めた外壁補修、外壁塗装を行うことが重要です。

マンション外壁塗装(尼崎の輝)

上の写真は、
・4階建てマンション
・32戸
・間取り3LDK
の集合住宅の外壁塗装・修繕の写真です。

 

外壁塗装工事では、
・屋上屋根の防水塗装
・外壁塗装
・各戸のドア塗装
・ベランダの防水塗装
・共用部分の塗装
・配管の塗装
など、マンション全体の塗装と修繕をさせていただきました。

 

[修繕専門会社に依頼するか、工事会社に依頼するか]
マンションの外壁塗装はマンション修繕の専門会社に依頼する場合もありますが、修繕専門会社に依頼されても、修繕会社は営業や管理が専門であり、塗装工事や補修工事を実際にするのは、当社のような塗装会社です。

 

[修繕工事費用を抑える]
当社・輝は、塗装をはじめとした壁や屋上の修繕の専門会社ですので、工事の品質はもちろん、修繕会社を通さないため、修繕工事の費用も抑えられるメリットがあります。

そのため、マンション修繕の事情や費用に詳しい、不動産管理会社様や、マンションのオーナー家主様より、ご依頼をいただくことが多くあります。

 

ご依頼をいただけましたら、マンションのオーナー家主様と直接にコミュニケーションをとりながら、ご希望に合わせたマンション修繕を行います。

当社は、外装だけではなく、内装工事もしておりますので、多岐にわたる修繕ニーズにお応えできます。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外構の塗装事例、塀の下塗り、中塗りの写真、尼崎の輝塗装

尼崎の塗装業者の株式会社輝(かがやき)です。

外構の塗装事例をご紹介します。

外構とは、住宅建物の外回りの構造物を指し、外構工事となれば塀や柵、通路、車庫、カーポート、自転車置き場などの設置工事や、付帯する工事を指します。

 

当社は塗装会社ですので外構工事で多いのが塀の塗装です。外構の塗装事例

外壁塗装をご依頼いただくと、ブロック塀などがあるお宅では塀も一緒に塗装する場合がほとんどです。

塀は塗装しないという選択も可能ですが、せっかく外壁がきれいになるのですから、塀も合わせて塗装することをお奨めします。

また、外構工事だけをお考えのお客様でしたら、塀だけの単独の塗装も承ります。

 

<塀の塗装の事例>

まず、塀の塗装面を洗浄します。
塀の高圧洗浄
高圧洗浄で長年の積もった汚れを落とします。
汚れを落とさし切らないまま塗装をすると、塗料の付着が悪かったり、塗装後にすぐに塗料が剥がれることになります。

住宅建物と一緒に塀の塗装をする場合は、建物の外壁を洗浄する際に一緒に塀も洗浄します。

 

洗浄後は、濡れた塀を乾かします。
乾燥は意外と重要な工程です。乾燥しないままの塗装は、これも塗料の付着や耐久性に影響があります。
なので、輝ではしっかり乾燥させてから塗装を行います。

 

 

塀の塗装を開始します。まずは下塗りです。
ブロック塀の塗装

下塗りは、条件や状況に応じて白色や透明の下塗り材を塗布します。
この作業では透明の下塗り材を使用しています。

この下塗りをしっかりすることで、上塗りの塗料の付着がよくなり、仕上りも良くなるため、下塗りをしっかりすることが重要です。

当社・輝の塗装は、ローラーで丁寧に手塗りを行います。原則、吹付け塗装は行っていません。


下塗り作業の風景の写真です。
郵便受けの防水シーリングもしっかり事前にしています。
塀と郵便受けの接合部分は、シール材で防水処理がされていますが、年数が経つとシール材がひび割れして劣化します。
シール材で防水されているところは、シーリングのし直しをします。

塗装時は、郵便受けなどに塗料が付着しないように、しっかりと養生しています。

 

中塗り・上塗りの作業
下塗り材の塗装が終わると、中塗り、上塗りをしていきます。

外構の塗装事例

中塗り、上塗りは、同じ塗料を塗布していきます。

壁面に凹凸のある塀でしたが、ローラーで丁寧に塗布していきます。細かな箇所は刷毛(はけ)を使用して塗装します。

しっかり、中塗りをして、さらに上塗りをしていくことで、塗りムラがなくなり、綺麗な仕上がりになることと、塗装の耐久性が長持ちします。

 

 

仕上りの写真です。
コンクリート色で、汚れも付着していた塀が、ブラウンの綺麗な塀に生まれ変わりました。外構・門扉部分の塗装

こちらのお客様には住宅の外壁塗装もご依頼いただき、同時に進行しています。

 

今回は、住宅の外構塗装の事例をご紹介しました。

塀や外構の単独の塗装も承っています。お気軽にお問合せください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

消費税増税のタイミングで外壁塗装をする?尼崎の塗装業者が考える増税

外壁塗装業をしている輝(かがやき)です。

消費税の増税時期が近づいてきました。2019年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられます。

 

普通の塗装業者の営業さんでしたら、「消費税が上がるまでに早く外壁塗装工事をしましょう」となるところですが、

 

当社・輝には営業の専任担当はいませんし、消費税が上がるから外壁塗装をしてください。と頼むことはありません。

 

ただ、消費税の増税は、塗装を検討されているお客様にとっては、考慮すべきタイミングですし、私たち塗装業者にとっても大きな出来事です。

 

今回の増税は税率2%のアップですが、積み重なれば家計にとっては無視できない数字ですし、買い物の度に10%(1割)の税金がとられると思うと大きな負担を感じますね。

 

私たち、外壁塗装の業界でも消費税増税は大きな負担で、塗料の費用や資材になど諸々の費用に10%の消費税がかかります。

お客様に請求する塗装費用にも消費税10%を計上させていただくわけですが、日頃から出来るだけ安い料金で提供したいと考えている当社にとっては、お客様のご負担が増えることは歓迎ではありません。

 

そして、消費税が上がることで懸念されることがもう1つあります。

それは、税金が上がる前の混乱です。

 

世の中では駆け込み需要などと呼ばれてもいますが、仮の話として、増税前にいきなり塗装のご依頼が増えても、当社は自社で1軒1軒 直接塗装をする専門会社なので、対応できる件数に限りがあります。

 

当社とは異なり、塗装業務を下請けの塗装屋に任せている会社であれば、依頼が増えれば増えるだけ儲かるかもしれませんが、当社は1軒1軒のお客様と向き合って丁寧に仕事をするのが信条です。

増税のタイミングでご依頼が増えるも、待ってまらうか、お急ぎのお客様でご要望のタイミングで対応できない場合はお断りするしかありません。

 

当社に外壁塗装をご依頼いただくお客様の多くは、過去に塗装をさせていただいたことがあるリピートのお客様であったり、初めてのお客様でも当社のホームページの塗装内容を気に入っていただき「輝さんに塗装をお願いしたい」と指名してご依頼いただく場合が多くあります。

そんな方々に、お待ちいただいたり、お断りするとなると、当社としては心苦しい限りです。

 

なので、消費税が上がるということで混乱するのは決して歓迎ではありません。

 

さて、ここからは当社・輝からのお願いです。

消費税が上がるから外壁塗装をしなければならない、ということは決してありません。費用的なことはもちろん、外壁の状態をよく見極めてご判断ください。

もし、外壁塗装をそろそろとご検討されているお客様がいらっしゃいましたら、消費税増税の前は、ご依頼が増えることが予想されます。

ここ1年以内に外壁塗装をしようとお考えでしたら、消費税が上がる前に済ませるに越したことはありません。

 

外壁塗装は、費用もかかる数年に一度の大きな事柄です。

あわてて手配をして、後になって後悔するということもございます。

外壁は美観のためだけではありません、資産の価値を守るために、外観からは見えない部分も重要です。

当社では、外観には表れない下塗りや防水も重要な工程だと考えています。

下塗り・防水が大事

見た目に現れない作業工程

塗装を検討されている方は、当社にご依頼されるかどうかに関わらず、お早めにご準備されることをお奨めします。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外壁塗装は防水シーリングを正しく行う業者を選ぶ。尼崎で外壁塗装をする場合

尼崎で外壁塗装の工事をしている輝(かがやき)です。

外壁塗装の工程で重要な防水シーリングの話をします。

防水シーリングとは、コーキングとも呼ばれますが、壁をシール(seal)をすることです。シールという言葉は、液体などの内容物が外に漏れたり、外部から内部に侵入するのを防ぐことを意味しています。

外壁塗装でのシーリングとは、外部から住宅内部に雨水の侵入を防ぐことです。
住宅の外壁は大きな一枚板ではなく、何枚ものパネルで外壁が構成されています。そのパネルとパネルの継ぎ目にペースト状のゴム材(シーリング材)で隙間を埋めることをシーリングと言います。

シーリングが劣化して傷んだ外壁
上の写真は、経年によりシーリング材が劣化した状態の壁です。

 

シーリングをしっかりしていないと、雨水が浸入し、住宅の劣化や腐食の進行を招きます。

また、シーリング材は適切に充填工事されていても経年劣化でひび割れが発生し、そのひび割れの隙間から雨水が浸入してしまいます。

なので、可能な限り「定期的」にシーリングをし直すことがベストです。

定期的と言っても、シーリングだけのために、足場を組んで工事を行うのはコスト的にも現実的ではありません。そのため、一番良いのは外壁塗装をするタイミングでシーリングを丁寧にし直すことがベストです。

 

当社・輝は、外壁塗装時に、古く劣化したシーリング材を剥がして取り除き、新しいシーリング材を充填する作業を必ず実施しています。

シーリングは、外壁塗装工事において最も重要な工程の1つと考えています。

この作業を手を抜いたり、工程を飛ばしたりしてしまうと、塗装の仕上りが良くても、塗装をした意味が全く無くなってしまいます。

一般の方は、外壁塗装の色や仕上りといった外観に注目が行くと思いますが、シーリングは住宅の性能を維持する大変重要な役割をしていて、色や仕上りと同じ位、もしくは、それ以上に大切な工事個所です。

 

こちらの、2枚の写真を見てください。
外壁の継ぎ目のシーリングが劣化している状態の写真です。

シーリング材が劣化した外壁

シーリング材が割れて水が浸入している外壁

シーリング材が劣化して、ひび割れし、シールされていない状態です。
これでは、雨水がひび割れ箇所から住宅内部に侵入してしまいます。

雨水が住宅内部に侵入すると、内側の資材や内壁に水が染み込み、腐食や劣化を招きます。

そうなると、住宅がもっている性能を下げ、安全性や耐久性に影響したり、建物の寿命を短くし、資産としての価値を下げることになります。

シーリングは、住宅の資産価値を守ることにもなる重要な防水工程です。

 

外壁塗装を依頼するときは、シーリング工事にも目を向けてください。

当社に塗装をご依頼いただくお客様は、当社のホームページもよくご覧いただいていて、シーリングにご理解いただいている方も多いですが、

通常、外壁塗装に詳しくない方が、シーリング工事に注目されることはあまりありません。

シーリングに詳しくないお客様を前に、塗装業者も見積りなどの際にシーリングのことをあまり触れないまま説明を終わり、工事に着手し、シーリングに注目されないまま塗装工事が終わってしまうことも少なくありません。

はたして、住宅にとってシーリングはしっかり行われたのでしょうか。

 

この写真は、古くなったシーリング材を除去している作業風景です。
古いシーリング材を除去する作業

外壁塗装時のシーリング作業の手順は次の流れになります。

  1. 古いシーリング材を除去する(剥がして取り除く)
  2. 接着材となるプライマーを溝に塗布
  3. 新しいシーリング材を充填
  4. シーリング材を整える


上はプライマーを塗布している写真

 


上はシーリング材を充填している写真

 

しっかり正しい手順を踏むことで、適切な防水効果が発揮されますが、一部の外壁塗装工事では、次のような作業が行われているケースがあります。

  • シーリングを打ち直さないで、そのまま塗装を行う
  • 古いシーリング材を除去しないで、古い上にシーリング材を塗る

このような作業ははっきり言うと手抜きで、シーリングの目的である防水効果が得られません。

しかし、家主様であるお客様が防水の知識がなければ、この手抜き工事に気が付くこともありません。外壁が塗装されて喜んでいても、知らないままに雨水が建物内部に侵入していきます。

こちらは正しくシーリング工事をした後の写真です。

 

外壁塗装は、そう何回もするものではありません。せっかくお金を出して外壁塗装をするのであれば、家の価値や性能をしっかり守るための正しい外壁塗装を行っていただきたいと思います。

そのためには、家主様も多少は防水や塗装の知識を持つことをお奨めします。
こちらのページは当社の外壁塗装を説明していますが、初めての片には参考になるかと思います。

[必見]輝の特徴 塗装をわかりやすく説明

 

以上、今回は防水シーリングの話でした。外壁塗装を検討されている方のご参考になればと思います。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

雨樋の塗装も丁寧にします。輝の外壁塗装、尼崎市から関西一円へ

こんにちは、外壁塗装の輝(かがやき)です。当社は尼崎から関西一円で外壁塗装工事を承っています。

今回は、外壁塗装をするときの雨樋の塗装についてお話します。

外壁塗装業者を選ぶときの不安の1つに、しっかり丁寧に塗装してくれる業者かな?というご心配があるかと思います。

例えば、
外壁塗装を頼んだら、雨樋の塗装もしてくれるのか?
雨樋の塗装をすると言っても、丁寧に作業をしてくれるのか?

 

尼崎で雨樋の塗装

そんなご心配はございませんか。

外壁塗装を業者に依頼したとき、外壁や屋根といった大きな箇所は塗装してくれることが分かっていても、雨樋など付随する細かな箇所は、どこの部分まで塗装してもらえるか、曖昧なケースが一般によくあると思います。

お客様にとっては、とても不安なことだと思います。

塗装料金が他より安いと思って依頼したら、
「ここの塗装はしてくれなかった」
「料金に入っていなかった」
と後悔されないように、細部の塗装まで気をつけて業者選びや見積りを取ることをお奨めします。

 

私たちは、輝はしっかり細部まで丁寧に塗装するので、ご安心ください。

その理由は、
私たちは、ただ塗料を塗るだけではありません。当社にとって塗装は、家の資産価値を守るものだと考えています。
当社が塗装をさせていただくことにより、お客様の家の外観が良くなり、そして、家の耐久性が良くなり、家が長持ちすることを考えて塗装をしています。
そのために、必要な箇所は丁寧に塗装を行っています。

しかも、当社の塗装料金は激安ではありませんが、他店と比較すると安いとの評価を頂戴しています。当社の塗装料金について

 

当社は、雨樋だけではありません。雨樋以外にも、
・エアコンの化粧カバー
・壁付けの排水管
・ベランダやバルコニーの床
・軒天(ベランダの天井部分など)
・手すり
などなど、付随箇所も細部まで塗装いたします。
(一部、ステンレス部分や素材などによって、塗装不要または塗装不可の箇所はしないケースもございます。塗装希望の箇所は見積り時に打合せください。)

今回は、雨樋の塗装事例をご紹介します。

 

まず雨樋の塗装で行うことは、ケレン施工です。

こちらが雨樋のケレン施工をしている写真です。

 

ケレン施工は、塗装する部分に目の細かなヤスリを当てる工程です。
塗装部分に付いている汚れを落とす「洗浄」の目的と、塗装部に小さな細かな凹凸をつけて、塗料の付着を良くするためです。

ケレン施工をすることで、塗料が密着して塗りが良くなり、確実に丁寧に作業ができます。仕上がりも良くなり、且つ、塗料の剥がれを防ぎ、長持ちさせる効果があります。

 

このケレン施工を飛ばしたり、手を抜いてしまうと、塗料を塗ることができても、しっかり塗られていない(密着していない)ので、短い期間で塗料の剥がれが生じる可能性が高いです。

 

ケレン施工が終わると、塗料を重ね塗りしていきます。

尼崎で雨樋の塗装

当社では、基本は手塗りて丁寧に塗装をしています。
外壁など塗装部分が広い箇所は、ローラーで手塗り塗装しますが、ローラーが使えない雨樋の細部箇所は、刷毛(はけ)を使って丁寧に塗装します。

雨樋を刷毛で丁寧に塗装

この写真の事例では、雨樋のもとの色と同じ茶系の塗料で塗装させていただきました。

雨樋の色については、ご希望がございましたらご相談に応じます。
また、雨樋の劣化が激しく、雨樋の交換をご希望される場合も、対応いたしますので、ご相談ください。

 

今回は、雨樋の塗装事例について、ご紹介しました。
外壁塗装の中では、軽視されがちな部分ですが、当社では丁寧に塗装しています。お客様のご要望がございましたら、可能な限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

軒天の色を変えてツートンカラー事例・料金、尼崎の輝塗装の場合

こんにちは、尼崎市の塗装屋、輝(かがやき)です。

今回は、外壁の色のついて。
何年かに一度の外壁塗装、私たち輝は家主様に色にもこだわって頂きたいと思っています。

外壁の色を単色ではなく、ツートンカラーにすることも可能です。

今回は、外壁と色と、軒天の色を変えてツートンカラーにした事例をご紹介します。

 

軒天とは、ここの部分です。
軒天井の下塗り軒天の手塗り作業
屋根の内側の天井部分です。

 

家主様が色を検討されるとき、外壁面や屋根を中心に「何色にするか」考えられると思いますが、軒天の色を変えるのも面白いです。

軒天は、天井部分なので家を地上から見上げた時に視界に多く映っている箇所です。

なので、軒天の色を外壁の色と変えて、ツートンカラーにすると、個性が出て特徴的な仕上がりになります。

 

軒天の色を変えた事例をご紹介します。

こちらのお宅は、もともと軒天の色は白でしたが、当社から色を変えることができることを提案して、薄い青の色を選ばれました。

[塗装前:ビフォー写真]
軒天の塗装前
こちらは塗装前の軒天です。白色でした。(ブルーの線が入っているのは塗装時に貼ったテープの色です。)

 

[塗装後:アフター写真]

上の写真は、ベランダ屋根の天井部分(軒天)

 

玄関の軒天の塗装例
こちらの写真は、入口玄関の天井部分(軒天)です。

 

軒天を薄い青色(水色)に塗装して、外壁の色と変えてツートンカラーにしました。

下から建物を見上げると、軒天部分が薄い青色となりツートンカラーの家に仕上がりました。
(玄関周りの壁面はデザインタイルが施されていて塗装をしていません)

 

今回は、当社からのご提案で軒天部分の色を変えることになりましたが、家主様も、せっかくお金を出して外壁塗装をするのだから、ちょっとでも個性を出したいと考えていたようで、仕上りに大変喜んでいただきました。

 

[ツートンカラーの料金について]
今回の軒天の色を変えたお客様は、ツートンカラーにしたことによる割増や追加料金は発生していません。

当初のお見積りをした塗装料金の範囲でツートンカラーにさせていただきました。

デザインが必要であったり、条件等によっては、割増の追加料金をご請求させていただく場合もありますが、その際は、事前に料金を明示して、お客様のご了承のもと塗装をさせていただきますので、ご安心ください。

 

尼崎をはじめ、関西にお住まいでツートンカラーの外壁塗装を検討されている方、是非、輝塗装にお見積りをご依頼ください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]