屋根塗装は輝に、トタン屋根の塗装事例をご紹介。輝は尼崎から大阪、伊丹、西宮に

こんにちは、尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

屋根の塗装のご依頼を承りました。

当社では、屋根の塗装だけでも承っているので、お気軽にお見積りしてください。

 

今回、ご依頼いただいた屋根はトタン屋根です。

こちらの写真です↓

トタン屋根は、鉄板を亜鉛めっき加工している屋根材です。

あえて鉄より錆びやすい亜鉛で表面を加工することで、亜鉛が錆びて、鉄を錆びさせないという「犠牲防食」の作用を用いているのがトタン屋根です。

写真のように錆びてしまったトタン屋根は、亜鉛めっきが鉄板を守ってくれている証拠です。

 

さて、トタン屋根の塗装作業をご紹介します。

まず、錆びを落とすためにケレン施工をします。

ケレン施工はヤスリでトタン屋根の表面についた錆びや汚れを落とす作業工程です。

ヤスリで塗装表面をざらつかせ、塗装の塗りを良くする目的もあります。

ケレン施工をきちんと丁寧にすることで、後の塗装がしっかり付着し、塗装の剥がれを防いだり、耐久性を良くする重要な工程です。

当社・輝では、職人が目と手の感触で確認しながら、1枚1枚しっかりとケレン施工を行います。

 

ケレン施工が終わると下塗りです。

トタン屋根の下塗りには、錆び止め効果のある下塗り材を使用することで、劣化を予防します。

下塗りには、中塗り、上塗りの塗装の塗りを良くする目的があり、下塗りをしっかりすることで、塗装の仕上りや耐久性が良くなります。

 

下塗りが終了すると、中塗りを開始します。

中塗りは、最終の上塗り塗料と同じ塗料を塗ります。

中塗り、上塗りと同じ色の塗料を重ねて塗ることで、仕上りがよくなります。

 

 

こちらが、トタン屋根の塗装が完了した写真です。

赤茶色に錆びていたトタン屋根が蘇りました。

 

屋根は、日頃、目にしない部分ですが、太陽の熱や雨を受けて、建物の中でも一番負荷のかかる部分で、傷みやすい部分です。

目に見えない箇所なので、期間を決めて定期的にメンテナンスされることをお奨めします。

 

当社・輝は、屋根塗装だけでも承ります。

下請け会社を通さない直接塗装の「輝(かがやき)」に、お気軽にお見積りください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

屋根の断熱塗料の効果は?塗装前後で比較、温度測定した写真も。輝は尼崎をはじめ大阪、伊丹、西宮、神戸

お陰様で尼崎で20年、株式会社輝(かがやき)です。

地元・尼崎で屋根と外壁塗装のご依頼をいただきました。

当社は尼崎をはじめ、大阪、西宮、伊丹、神戸...関西一円で仕事をしています。

お気軽にお声をおかけください。

 

今回のお客様は当社のホームページをご覧になってお声をかけていただきました。

ほかの尼崎の塗装業者に何社か見積りを取られたようですが、当社をご選択いただき嬉しいです。

 

こちらのお客様、屋根の塗料は断熱塗料を選択されました。

屋根の色を選んでいただくため、塗料メーカーの屋根塗料のカラーサンプルをお渡ししたところ、断熱塗料に興味をもたれたようです。

こちらのお客様は3階建ての戸建て住宅ですが、屋根の下となる3階の室内温度が気になっていたということでした。

屋根の断熱塗装の工事事例としてご紹介します。

 

屋根の塗装工程

下の写真が、塗装前の屋根です。
戸建住宅ではポピュラーな軽量スレートの屋根です。

 

屋根中央の頂点部分、棟板金の部分は鉄部で、先にケレン施工をして錆び止め塗料を塗りました。
錆止め塗装前には屋根全体の高圧洗浄も行っています。

 

屋根の下塗りです。

下塗りは、最終的に塗る塗料の密着をよくする効果があります。

この下塗りを丁寧にしっかりすることで、断熱塗料の密着性が高まり、仕上りや耐久性がよくなります。

下塗りをしたあと、スレート屋根にタスペーサーの取付け作業(縁切り作業)を行います。

タスペーサーについて詳しくはこちらをご覧ください。
屋根塗装でタスペーサーを取り付ける

 

 

下塗りをした上に、断熱塗料を塗っていきます。

一度目の断熱塗装は中塗りです。

屋根塗料の中塗り

中塗りを終えたら、乾燥させて、さらにもう一度断熱塗料を塗ります。上塗りです。
下塗り、中塗り、上塗りを丁寧にすることで、仕上りが良く、耐久性、そして、断熱効果もしっかりでます。

 

 

こちらが上塗りの断熱塗装を完了した屋根です。屋根の断熱塗料(尼崎市)

中央の鉄部、棟板金は後ほど塗装します。

 

断熱塗料の効果は?

さて、屋根の断熱塗料はどれくらいの断熱効果があるのでしょうか。

塗装前と塗装後で、サーモグラフィで温度の違いを測定しました。

 

まず、温度の測定条件について、

塗装前と塗装後では測定日が異なるので、天候などの条件は全く一緒ではありません。

測定した日はいずれも6月です。

測定場所は尼崎市の同じ建物です。

 

ビフォー写真(塗装前)

まず、塗装前の温度の測定です。

断熱効果の測定

塗装前は48.7度と測定されました。

6月の太陽の陽射しを浴びている屋根は、かなり高温になっていますね。

 

 

同じく、塗装前の屋根の温度を数ヶ所で測定します。

断熱塗装の効果を測定

こちらは47.6度と測定されました。

 

 

アフター写真(断熱塗装後)

そして、こちらが断熱塗料を塗ったあとの屋根の温度です。

35.5度と測定されました。

 

 

さらに別の箇所で断熱塗料を塗った後の屋根の温度です。
断熱塗料を塗った屋根

断熱塗料の屋根の温度

36.6度と測定されました。

 

塗装した結果は次のようになりました。

[塗装前の温度]

48.7度

47.6度

[塗装後の温度]

35.5度

36.6度

 

測定した日や天候条件が同一ではないので、参考の比較ではありますが、断熱塗装を塗る前と、塗った後では、かなり温度差が出ました。

また、測定しているのは屋根の表面温度です。

表面温度が10度以上も下がる効果があっても、室内温度も同様に10度下がるということはないと思いますので、ご参考としてご理解ください。

 

ただ、断熱塗料に効果があることはよくわかり、お客様も想像以上の効果だったらしく驚いていらっしゃいました。

 

 

屋根用の断熱塗料の色について、

カラーバリエーションがあります。

今回、こちら尼崎の3階建てのお客様は水色を選択されました。

塗料メーカーのカタログによると、塗料の色によっても断熱・遮熱効果が異なり、やはり一番断熱や遮熱効果があるのは白色の塗料です。

一般的な屋根用の黒色の断熱塗料もあります。

屋根の断熱塗料(尼崎市)

今回は、外壁塗装の屋根塗装に断熱塗料を選択された尼崎のお客様をご紹介しました。

意外としっかり断熱効果があって検討の価値があるかと思います。

2階建てや3階建の最上階の温度が高いのが気になる方、断熱塗料もご検討ください。

 

料金について、断熱塗装はメーカー塗料の料金が若干高くなりますので、標準の塗料よりは少し高くなります。

いずれもお見積りにてご案内しますので、ご希望の方はお知らせください。

 

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・屋根塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の屋根ほか、工場・店舗の屋根塗装もご相談はお気軽にお問合せください。

折板屋根(折半屋根)を塗装しました。住宅、工場の屋根塗装は輝に、尼崎から大阪、伊丹、西宮へ

尼崎の株式会社輝(かがやき)です。

当社・輝は、建物の住宅や店舗・工場の塗装・修繕を承っています。

今回は、住宅の屋根塗装のご依頼をいただき、工事をしたので事例としてご紹介します。

塗装した屋根は「折板屋根」です。

折半とも書いたりします。「せっぱん」と読みます。

下の写真のような屋根です。

折半屋根の塗装事例

折板屋根は、鉄の屋根でよくある種類で、鋼板を山折り、谷折りと繰り返し、ギザギザとした屋根板です。

よく工場の屋根や、集合住宅の自転車置き場の屋根などに使われているのをよく見ると思います。

それはなぜか?

工場や自転車置き場の屋根が、折板屋根なのは理由があって、それは、折板屋根は長い屋根に向いているからです。

長くしたり、大きくしたり、大きいサイズの屋根をつくることができます。

そして、軽量なので、大きい建物や長い建物にも向いています。

 

今回は、戸建住宅の屋根に折板屋根を使われているお宅です。

塗装をしてきました。

まず、塗装前の写真です。

折半屋根

塗装が剥がれて、めくれてきたり、塗装が薄くなったり、汚れもずいぶん付着しています。

塗装する時期に来ていますね。

もし、このまま放置しておくと、表面だけではなく、鉄の部分が錆てボロボロに朽ちてしまいます。

そうすると穴があいて雨水が浸水して、家にもダメージがあります。

 

 

塗装作業開始です。

はじめにケレン施工です。

ケレン施工は、鉄部の塗装の前工程となる作業です。

ヤスリで塗装面をこすります。

屋根のケレン施工

ケレン施工をすることで、古い剥がれかけている塗装幕を除去します。

また、表面に付着している汚れや錆もこすり落とします。

ケレン施工は汚れを落とすだけではなく、塗装する鉄部の表面にこまかな傷をあえて付けて、塗装の塗り(付着)をよくする作業も兼ねています。

下の写真が、ケレン施工をした後の写真です。

剥がれかけた塗装膜や、汚れが落ちているのがわかると思います。

ケレン施工が終わると、塗料を塗っていきます。

丁寧にローラーと刷毛(はけ)を使い分けて、下地の塗装をしていきます。

当社・輝は、基本的に下塗りから上塗りまで塗装は手塗りです。

広い塗装面にはローラーを使い、細かな部分は刷毛を使います。

手塗りの他に、吹付け塗装という方法もあります。

吹付け塗装は塗布するスピードが速く、工事も早いというメリットがあるので好む業者さんもあります。

当社も条件によっては吹付け塗装をする場合もありますが、

吹付け塗装は、手塗りと比較して塗料の量が多く必要で、塗料が飛散してしまうというデメリットもあり、住宅塗装や住宅街などでは近隣トラブルにもなりかねません。

手塗り塗装は、塗装する箇所を確認しながら、丁寧に塗装できるというのが大きなメリットで、「丁寧に」というのが当社のスタイルとも合致しています。

塗装は、下地処理が終わると、さらに2回重ね塗りをします。

重ねて塗ることで、仕上りがよくなり、さらに塗装の耐久性もよく長持ちします。

 

 

こちらが塗装後の写真です。

折板屋根の特徴である長い屋根です。

きれいに塗り上げることができました。

今回は、戸建住宅の折板屋根(折半屋根)の塗装の事例をご紹介しました。

鉄の屋根以外でも、また屋根以外でも、何でも塗装を承っています。

 

尼崎をはじめ、周辺の大阪、伊丹、西宮、神戸の方々、お気軽にご相談ください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

住宅の折板屋根ほか、ご相談はお気軽にお問合せください。

屋根塗装のビフォーアフター写真、尼崎の輝塗装

尼崎の輝(かがやき)です。

屋根塗装のご依頼をいただいたので、ビフォーアフターの写真をご紹介します。

屋根塗装の事例(尼崎の輝)

 

当社・輝では、外壁塗装をされるタイミングで屋根塗装をすることをお奨めしていますが(理由は後で書きます)、屋根塗装だけのご依頼も承っています。

 

今回、ご依頼いただいたのは戸建て住宅のお客様です。
こちらが塗装をする前、ビフォー写真です。
屋根の塗装前写真
茶色の屋根ですが、隙間は黒く汚れてきて、表面がかすれて白くなっている部分もあります。

このままの状態で放っておくと、劣化が進行してひび割れなどが生じるので、塗装をして耐久性を強くする良いタイミングでした。

 

もし、ひびや割れが発生すると、そこから雨漏りが発生することはもちろん、さらに悪化すると屋根材が損傷して屋根の張替え工事などが必要になります。

 

 

今回は、お客様のご希望で茶色の屋根を黒く塗装させていただきました。
ビフォーアフター写真で比較してください。

[ビフォー写真]

屋根塗装の作業は、次の流れで作業します。

・高圧洗浄
・棟押えのケレン施工(鉄部のケレン施工について
・下塗り
・タスペーサーの取付け(縁切り作業について
・中塗り
・上塗り(仕上げ)
・点検

こちらが、仕上がった完成の写真です。

[アフター写真]

黒くきれいに仕上がりました。

 

[途中の作業工程が大事]
当社・輝では、塗装の仕上りや見た目も大事ですが、外観では見えない途中の工程が大事だと考えています。

屋根塗装では、洗浄でしっかり汚れを落とし、棟押えなどの鉄部はケレン施工をしっかりすることが必要です。

鉄部のケレン施工について

また、屋根塗装では、縁切り作業とも呼ばれるタスペーサーを取り付けます。この作業も見た目とは関係ありませんが、屋根の長持ち耐久性に関して重要な作業です。

縁切り作業(タスペーサー取付け作業)について

 

[外壁と一緒に屋根も塗装しましょう]
当社では、外壁だけ、屋根だけの単独の塗装も承っていますが、外壁塗装のタイミングで屋根塗装をされることをお奨めしていて、外壁塗装の標準工事に屋根塗装の作業も含めています。

屋根は、一年を通して太陽の熱にさらされ、雨風も一番受けている箇所です。
新築で建てた戸建ての屋根は、材質としては20年ぐらいの耐久性は十分にあると思います。

そのため、塗装業者の中には「屋根は、まだ塗らなくても大丈夫ですよ」と言って外壁だけの見積りをして作業をすすめるところもあります。

しかし、劣化や損傷が悪くなってから塗装するより、定期的なメンテナンスをしている方が、屋根は20年、30年と状態が良いまま長持ちします。

そこで外壁塗装のタイミングに屋根も塗装することをお奨めします。

外壁と一緒に塗装すると、コスト的なメリットもあります。

屋根を塗装するには作業用の足場を組みます。屋根工事だけのために足場を組むより、外壁塗装のときに組んだ足場を使って屋根塗装をしておくと、別々に塗装をするよりコスト的なメリットがあります。

また、外壁のタイミングで屋根も塗装しておくことで、屋根のメンテナンスが行き届き、劣化や雨漏りを防げて屋根だけの単独工事をしなければならないリスクも抑えることができます。

 

今回は、当社・輝の屋根塗装の事例をご紹介しました。

当社は、営業会社や下請け業者を通さない自社塗装をしているので、品質も価格も自信があります。

尼崎をはじめ、大阪・阪神地域で屋根または外壁の塗装をお考えの方は、まず、当社へお見積りの依頼をしてみてください。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

自転車置き場の屋根塗装の事例、尼崎の輝

当社・輝(かがやき)は自社塗装をしています。営業会社や下請け業者を通さない専門会社なので、品質も価格もご安心してお任せください。

 

集合住宅の自転車置き場の屋根の塗装のご依頼をいただきました。

集合住宅なのでかなり大きくて広い自転車置き場でした。

今回は大きな自転車置き場でしたが、当社は、マンションから戸建てまで、大小の規模に関わらず塗装を承っているので、小規模や戸建ての自転車置き場の屋根の塗装もお任せください。

 

 

これが塗装前の自転車置き場の屋根です。

かなり色が落ちて、白くかすれてきている部分も目立ちます。

自転車置き場の屋根の塗装前

 

 

 

ケレン施工をしている作業風景です。

屋根のケレン施工

ケレン施工は細かなヤスリで表面を整える作業です。塗装面の汚れを落とし、また、ヤスリでこすることにより、塗装の付着を良くして、塗装が剥がれるのを防ぎます。

塗料を塗ってしまえば分からなくなる工程ですが、長持ちや耐久性のためには大切な工程です。

 

 

塗装の下準備と下塗りをしている作業風景です。

屋根の下塗り塗装

 

 

さらに塗装を重ねていきます。 自転車置き場の塗装後

 

 

そして、塗装の完成写真です。

自転車置き場の屋根

 

 

自転車の屋根の塗装がきれいに仕上がりました。

今回は集合住宅の自転車置き場でしたが、戸建てや小さな屋根の塗装も承ります。また、外壁塗装のお任せください。

 

お気軽にご依頼ください。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

ポリカーボネート波板屋根の補修作業事例、大阪市平野区

トタン屋根の張替えと、雨どい配管パイプの補修、修繕

戸建て住宅の波板屋根の張替えと、雨どい配管パイプの補修をしてきました。

ご依頼いただいたのは大阪市平野区のお客様です。

大阪を中心に大きな台風が発生した影響で、屋根の補修、修繕のご依頼を多くいただいております。

 

こちらのお客様も駐車場スペースの屋根の波板が強風により破壊されてしまいました。(下の写真)

破損したポリカーボネート屋根

トタン屋根と呼んだりもしますが、ポリカーボネートの波板の屋根です。

この状態では、駐車スペースに雨水がこぼれてきてしまいます。

 

屋根の他にも目隠し塀として設置していた波板が落下してしまいました。
下の写真は、波板が外れてお隣の家が見えている状態です。

ポリカーボネートで目隠し塀

 

ポリカーボネートの波板以外にも、屋根瓦に設置していた雨どいの配管パイプの接続部分が破損してしまいパイプが外れてしまいました。

雨どいの配管パイプ

 

 

 

 

こちらの平野区のお客様は、波板屋根は新しく張替えをしましたが、
目隠しにしていた波板は落下しただけでまだ使える状態でしたので再設置を、
雨どい配管も補修のみで対応できそうでしたので、それぞれ作業をして参りました。

全てを新しくすると、資材費などの費用がかかるので、再利用できる物は、再利用で対応いたします。

 

まず、ポリカーボネートの波板は、破損した古い波板屋根を取り除き、新しいポリカーボネートの波板に張替えました。

張替したポリカーボネートの波板屋根

綺麗に設置して作業が完了しました。これで雨漏りの心配はありません。

 

 

目隠し塀のポリカーボネート波板は、再設置をしました。

向こうが丸見えの状態でしたが、これで安心です。

 

 

雨どい配管パイプは、瓦屋根の上に残っている現存のパイプをそのまま利用し、外れた部分を接続し、さらに外れないように接続部にカバーを付けて補修作業を行いました。

雨戸配管パイプの補修

パイプ自体に水漏れや破損は見られませんでしたので最低限の補修で完了しました。

 

 

大阪市平野区でのポリカーボネートの波板張替えと、雨どい配管パイプの補修作業の事例でした。

 

 

屋根修理や補修をご検討されている方は、是非、輝(かがやき)にお問合せください。

平野区以外でも、大阪府内、兵庫県内のお客様もお気軽にお声をおかけください。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

輝は、屋根塗装でタスペーサーを取付けます、写真事例。

輝のタスペーサー取付け作業事例を紹介します。

屋根塗装には「縁切り作業」「タスペーサー取付け作業」と呼ばれれる工程があります。

縁切り(えんきり)もタスペーサーも同じ意味の作業です。

 

最近の住宅の屋根の多くはスレート屋根です。

スレート屋根には縁切り材とも呼ばれるタスペーサーを取り付けます。

タスペーサー部品

タスペーサー取付け作業(尼崎の輝)

上の写真がスレート屋根にタスペーサーを取り付けている作業風景です。

なぜ、タスペーサーを取り付けるか、
それは、雨水による腐食を予防することと、雨漏りを防止するためです。

タスペーサーを取り付けることで、スレートとスレートの間に隙間ができます。この隙間は、雨水を逃がす役割があります。

 

通常、雨が降ると、スレートの下にも雨水が入っていく構造になっています。雨水が入っていくことは屋根の構造上、通常のことです。

問題なのは、スレート屋根に侵入した雨水が排出されないことです。

スレートとスレートの間が塗料で塞がって隙間がなくなると、雨水が排出される逃げ道がなくなり、屋根の下に雨水が溜ってしまいます。

こうなると、屋根の中が腐食したり、排出されない雨水が屋内に流れて雨漏りにつながります。

そのために、タスペーサー部品をつかって隙間をつくります。

タスペーサー取付け例

上の写真は、タスペーサーを取り付けている途中の事例です。

 

タスペーサー取付け完了

上の写真は、タスペーサーを取付けが完了した写真事例です。

 

以上、タスペーサーの取付け事例でした。
屋根の上は、確認しにくい箇所ですが、当社・輝は、タスペーサーをはじめとした屋根作業をしっかり行います。

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]