外壁塗装は防水シーリングを正しく行う業者を選ぶ。尼崎で外壁塗装をする場合

尼崎で外壁塗装の工事をしている輝(かがやき)です。

外壁塗装の工程で重要な防水シーリングの話をします。

防水シーリングとは、コーキングとも呼ばれますが、壁をシール(seal)をすることです。シールという言葉は、液体などの内容物が外に漏れたり、外部から内部に侵入するのを防ぐことを意味しています。

外壁塗装でのシーリングとは、外部から住宅内部に雨水の侵入を防ぐことです。
住宅の外壁は大きな一枚板ではなく、何枚ものパネルで外壁が構成されています。そのパネルとパネルの継ぎ目にペースト状のゴム材(シーリング材)で隙間を埋めることをシーリングと言います。

シーリングが劣化して傷んだ外壁
上の写真は、経年によりシーリング材が劣化した状態の壁です。

 

シーリングをしっかりしていないと、雨水が浸入し、住宅の劣化や腐食の進行を招きます。

また、シーリング材は適切に充填工事されていても経年劣化でひび割れが発生し、そのひび割れの隙間から雨水が浸入してしまいます。

なので、可能な限り「定期的」にシーリングをし直すことがベストです。

定期的と言っても、シーリングだけのために、足場を組んで工事を行うのはコスト的にも現実的ではありません。そのため、一番良いのは外壁塗装をするタイミングでシーリングを丁寧にし直すことがベストです。

 

当社・輝は、外壁塗装時に、古く劣化したシーリング材を剥がして取り除き、新しいシーリング材を充填する作業を必ず実施しています。

シーリングは、外壁塗装工事において最も重要な工程の1つと考えています。

この作業を手を抜いたり、工程を飛ばしたりしてしまうと、塗装の仕上りが良くても、塗装をした意味が全く無くなってしまいます。

一般の方は、外壁塗装の色や仕上りといった外観に注目が行くと思いますが、シーリングは住宅の性能を維持する大変重要な役割をしていて、色や仕上りと同じ位、もしくは、それ以上に大切な工事個所です。

 

こちらの、2枚の写真を見てください。
外壁の継ぎ目のシーリングが劣化している状態の写真です。

シーリング材が劣化した外壁

シーリング材が割れて水が浸入している外壁

シーリング材が劣化して、ひび割れし、シールされていない状態です。
これでは、雨水がひび割れ箇所から住宅内部に侵入してしまいます。

雨水が住宅内部に侵入すると、内側の資材や内壁に水が染み込み、腐食や劣化を招きます。

そうなると、住宅がもっている性能を下げ、安全性や耐久性に影響したり、建物の寿命を短くし、資産としての価値を下げることになります。

シーリングは、住宅の資産価値を守ることにもなる重要な防水工程です。

 

外壁塗装を依頼するときは、シーリング工事にも目を向けてください。

当社に塗装をご依頼いただくお客様は、当社のホームページもよくご覧いただいていて、シーリングにご理解いただいている方も多いですが、

通常、外壁塗装に詳しくない方が、シーリング工事に注目されることはあまりありません。

シーリングに詳しくないお客様を前に、塗装業者も見積りなどの際にシーリングのことをあまり触れないまま説明を終わり、工事に着手し、シーリングに注目されないまま塗装工事が終わってしまうことも少なくありません。

はたして、住宅にとってシーリングはしっかり行われたのでしょうか。

 

この写真は、古くなったシーリング材を除去している作業風景です。
古いシーリング材を除去する作業

外壁塗装時のシーリング作業の手順は次の流れになります。

  1. 古いシーリング材を除去する(剥がして取り除く)
  2. 接着材となるプライマーを溝に塗布
  3. 新しいシーリング材を充填
  4. シーリング材を整える


上はプライマーを塗布している写真

 


上はシーリング材を充填している写真

 

しっかり正しい手順を踏むことで、適切な防水効果が発揮されますが、一部の外壁塗装工事では、次のような作業が行われているケースがあります。

  • シーリングを打ち直さないで、そのまま塗装を行う
  • 古いシーリング材を除去しないで、古い上にシーリング材を塗る

このような作業ははっきり言うと手抜きで、シーリングの目的である防水効果が得られません。

しかし、家主様であるお客様が防水の知識がなければ、この手抜き工事に気が付くこともありません。外壁が塗装されて喜んでいても、知らないままに雨水が建物内部に侵入していきます。

こちらは正しくシーリング工事をした後の写真です。

 

外壁塗装は、そう何回もするものではありません。せっかくお金を出して外壁塗装をするのであれば、家の価値や性能をしっかり守るための正しい外壁塗装を行っていただきたいと思います。

そのためには、家主様も多少は防水や塗装の知識を持つことをお奨めします。
こちらのページは当社の外壁塗装を説明していますが、初めての片には参考になるかと思います。

[必見]輝の特徴 塗装をわかりやすく説明

 

以上、今回は防水シーリングの話でした。外壁塗装を検討されている方のご参考になればと思います。

 

 

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]

 

外壁塗装の防水コーキング施工の内容と流れ

なぜ外壁塗装をするのか?
外壁塗装の目的は「防水」のためと言っても過言ではありません。

壁と壁の継ぎ目を目地と言ったりしますが、目地には壁の隙間を埋めて水が浸入しないようにコーキング材(シーリング材)を充填しています。

新築して7年、10年と経過してくるとコーキング材は劣化によりひび割れなどが始まり、防水の為にしていた継ぎ目のコーキング部分から雨水が侵入する可能性があります。

そうならないために、外壁塗装のタイミングでコーキングのし直しが必要です。

せっかく外壁塗装をして壁が綺麗になっても、コーキングが出来ていないと住宅を保護する観点では意味がありません。

今回は、当社・輝のコーキング施工の流れをご紹介します。

まず、コーキング前の壁です。目地の部分に黒い線が入っていますが、ひび割れヶ所です。こちらの住宅は新築して12年ほど経過している状態です。

 

まず、新築のときに充填している古いコーキング材を除去します。
(ご注意:業者によってはコーキングしないまま上から塗装するケースや、古いコーキング材を取り除かないで、上からパテ補修するケースもあるようなので、業者さんに確認してください)
古いコーキング材の除去

 

取り除いた後の目地の掃除をしっかり行い、接着剤となるプライマーを塗布します。

 

新しいコーキング材(シーリング材)を充填します。

 

充填したコーキング材を整えて完了です。この後、外壁塗装を行います。

 

コーキング施工の流れは以上です。
外壁塗装をする前段階の重要な工程です。上から塗装をしてしまえば分かりにくい工程ですが、当社・輝ではしっかり行います。

株式会社輝(かがやき)
工事エリア:
[兵庫県]尼崎市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市、宝塚市、川西市ほか
[大阪府]大阪市、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、堺市ほか大阪府全域

輝のホームページをご覧ください


【この記事を書いた人・発行者】
株式会社輝(かがやき)
尼崎市久々知2-13-1
電話 06-7708-7911

メール:ama★kagayaki2018.biz
※★を@にして送信してください。

輝(かがやき)は、尼崎を拠点として阪神エリア、大阪府下、関西全域でお仕事を承っております。お気軽にお問合せ・お見積りのご依頼をしてください。

[専門業務:外壁・各種塗装、内装リフォーム、建物修繕]